会員制クリニックCLINIC 9ruからiPS細胞培養上清液を使った美容液「Repluri」新発売

会員制クリニックCLINIC 9ruからiPS細胞培養上清液を使った美容液「Repluri」新発売


5つ星ホテル ザ・ペニンシュラ東京4階に構えるCLINIC 9ru(クリニッククリュ)は、医師の監修のもと開発されたセルフケア用プロダクト「CLINIC 9ru Self-Care Series(クリニッククリュ セルフケアシリーズ)」から、iPS細胞培養上清液を使った美容液「Repluri」を、9月より発売中だ。

ラグジュアリーな空間の会員制クリニック



CLINIC 9ruは、ザ・ペニンシュラ東京4階に2021年6⽉に開院した会員制クリニック。最新のアンチエイジング医療と選び抜かれた美容医療を提供し、患者に寄り添い「どうすれば未来はもっと良くなるか」を提案するクリニックとしてスタートした。

最⼤の特徴であるラグジュアリーでゆとりある空間は、プライバシーに配慮した完全個室。疾患からアンチエイジング、肌の悩みに⾄るまで、患者のニーズに応じた施術をトータルで提案している。

iPS細胞培養上清液を高濃度に配合


「CLINIC 9ru Self-Care Series by DIA」は、同院での施術後のデイリーケアとして、また同院のフィロソフィーを⾃宅でも体験できるよう考慮し開発されたセルフケアシリーズ。9月より、iPS細胞培養上清液をふんだんに取り入れた美容液「Repluri」がシリーズに加わった。

iPS細胞は、成熟した細胞を、多能性を持つ状態へ初期化した幹細胞のこと。2006年に日本の研究者により初めて生成され、ノーベル賞を受賞している。また、iPS細胞培養上清液は、成熟した細胞から多能性を持つ状態へ初期化したiPS細胞を培養した際に得られる上澄みのこと。この上澄みには、グロスファクターをはじめとするペプチド栄養成分、ミネラル等が豊富にバランス良く含まれていると言われている。

そして、その上澄みから不純物をフィルトレイトし、iPS細胞培養上清液を製造。iPS細胞を培養し得られる上清液は、多くの有用な成分が含まれていると言われ、上質なスキンケア成分として期待ができる。

経皮浸透技術でしっとりとした肌へ


また、同商品はフィットモイストリピッドが配合されており、機能性成分を非常に小さなカプセル状の膜で何層にも包み込むことで成分が時間差で溶けだす。そして、角質層までゆっくり浸透し、潤い溢れるしっとりとした肌へと導いてくれる。

なお、同商品は無菌性試験に加え、国際機関認定の三次元皮膚モデルによる皮膚刺激・眼粘膜刺激試験(OECD TG492、OECD TG439)、被験者の皮膚に繰り返し塗布し刺激の有無を見るリピートパッチテストを行った結果、すべての項目をクリアしている。すべての人にアレルギーが起こらないということではないので注意を。

「Repluri」は35g入りで33,000円(税込)。CLINIC 9ruもしくはECサイトにて販売中だ。

CLINIC 9ruの最新のスキンケアアイテムを試してみては。

■CLINIC 9ru
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 4階
URL:https://9ru.tokyo/
ECサイト:https://www.9ru.shop/

(よしだゆうこ)
カテゴリ