波瑠&間宮祥太朗『魔法のリノベ』万感の撮了「こんなに自由にやったことはない」【最終話あらすじあり】

波瑠&間宮祥太朗『魔法のリノベ』万感の撮了「こんなに自由にやったことはない」【最終話あらすじあり】

 俳優・波瑠が主演を務め、間宮祥太朗が共演するカンテレ・フジテレビ系“月10ドラマ”『魔法のリノベ』(毎週月曜 後10:00)最終話(19日放送)を前に、波瑠と間宮祥太朗がクランクアップを迎えた。



【場面カット】19日に最終回を迎える『魔法のリノベ』



 同作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(波瑠)と、工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。



 最終シーンを撮り終え、スタッフから「以上のカットを持ちまして、波瑠さん、間宮さんオールアップです!」の声がかかると、現場からは歓声と大きな拍手が送られ、監督から花束が渡された。出演者、スタッフ全員が、約3ヶ月間、現場を引っ張ってきた2人をねぎらうかのように、温かい拍手と声援を送った。



 波瑠は「みなさん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!いやー、すごく楽しかったです…」と感慨深げ。そっと目頭を押さえる仕草を見せるが…すぐさま「なんちゃって」と、茶目っ気たっぷりに振る舞うと、監督からは「泣いてないんかーい!」とツッコミが入り、一同爆笑となった。



 続けて波瑠は「私自身、小梅を演じながらものすごく元気をもらっていました。演じていて、自分なのか小梅なのか分からないことも。アドリブを言ったり、思いっきりふざけたり…こんなに自由にやったことはないなと思いました」と撮影を振り返り、「本当にめちゃめちゃ楽しかったです!ありがとうございました!」と感謝の言葉を述べた。



 そして、弟に妻を奪われたバツ2のシングルファザーで、小梅と出会いリノベ営業として成長を遂げた福山玄之介を演じきった間宮は、コメントを求められると「最終日の最終日まで、天候に恵まれず…(笑)。でも!なんとかぎりぎり耐えるという、瑠東組らしい終わり方で、すごくよかったなと思いました!」と、どこかホッとした様子を見せた。続けて「波瑠さんとみなさんのおかげで、すごくリラックスした状態で、毎日楽しく撮影させていただきました。本当にありがとうございました!」と、3ヶ月間を振り返り、笑顔で撮影の日々を締めくくった。



■最終話あらすじ

「私、まるふく辞めます」――小梅(波瑠)の突然の辞職宣言に、玄之介(間宮祥太朗)は大きなショックを受ける。一方で、小梅の言葉が本心ではなく、自分たちに何か隠していることに気づくが、決意を固めた小梅に、そんな玄之介の気持ちは届かない。同じ頃、グローバルステラDホームから立ち退きを迫られていた「一休食堂」の店主・剛志(大友康平)は、妻・倭子(中島ひろ子)の助言もあり、ついに店と土地の売却を考え始める。蔵之介(遠藤憲一)への恨みと野心を胸に、20年にわたり、水面下で土地開発を進めてきた有川(原田泰造)は、ようやくすべてが思い通りになるとほくそ笑むが、その隣にはなぜか小梅の姿が…!小梅のあまりに不可解な行動に、急きょ集まった久保寺(金子大地)、竜之介(吉野北人)、ミコト(SUMIRE)の3人は、京子(YOU)からある情報を得て、小梅の真意を知るためのカギとなる人物に接触をはかる。その頃小梅は、有川から送られてきた一通のメールを思い出していて…。

大手リフォーム会社でエースとして活躍するも、人間関係でやらかし、町の工務店に転職した小梅。ようやく見つけた自分の居場所を自ら手放し、宿敵の元に戻った理由とは!? そんな小梅とバディを組み、営業成績0点から大きく躍進したバツ2シングルファザーの玄之介は、小梅奪還に向けて動き出すのか!? 「自分の人生は自分でリノベーションするんだよ」――そのために、いつしかお互いが欠かせない存在となった2人に待ち受ける未来とは…!?
カテゴリ