『オオカミちゃんくん』第6話 にのんの名言を鈴鹿央士が絶賛「素晴らしい言葉を教えてくれた」【ネタバレあり】

『オオカミちゃんくん』第6話 にのんの名言を鈴鹿央士が絶賛「素晴らしい言葉を教えてくれた」【ネタバレあり】

 ABEMAの人気恋愛番組「オオカミ」シリーズ最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』(毎週日曜 後10:00)の第6話が18日に放送された。中間告白“NOTオオカミ宣言”を終えて恋の矢印が錯綜し、メンバー全員が誰がオオカミなのかと疑心暗鬼になり始めた。



【写真】キュンキュン!夜空の下笑い合うしおり&ひびき



 今シリーズは、メンバーの中に恋をしようとしない“嘘つき”オオカミちゃんが女性側に1人以上、そして“嘘つき”オオカミくんが男性側に1人以上潜み、一筋縄ではいかない男女10人の恋の駆け引きが見どころとなっている。



※以下、ネタバレあり



■「どっちの方が可愛い?」三原羽衣と新音からの猛アタックに中村榛もたじたじ



 第5話のラストで、「太陽LINE」を使用して『Popteen』モデル・はる(中村榛)をデートに誘ったモデルのにのん(新音)。はるを思うインフルエンサーのうい(三原羽衣)も「自信がないから(2人で)行っておいでとは言われへん」と参加を決意する。デート当日、にのんとういははるの誕生日をサプライズでお祝いし、3人で和気あいあいと過ごした。次に訪れたひまわり畑では、それぞれが2ショットになる。



 ういは、2人きりになるとすぐに誕生日プレゼントのサングラスを渡す。ういから「めっちゃ似合う!」と褒められたはるは「愛用します!うれしい」とにっこり。穏やかな空気が流れるも、ういが「今のはるくんの気持ちは?きょう(にのんに)誘われてるやんか」と切り込んだ質問を投げかける。にのんからのアピールではるの気持ちが揺らいでいるのではないかと不安気な表情で返答を待つういだったが、はるは「全く変わっていない。むしろ、もっと好きになったかもしれない」とストレートに思いを伝えた。これにはういも「聞いてないんねんけど!ほんまに?」と照れながらもうれしそうな表情を見せる。



 しかし、続けてはるが「でも、にのんもこうして太陽LINE使って行動してくれてるから、ちゃんとにのんとも向き合いたいと思ってる。その上で選択したい」とすなおな思いを告げると、「そっちの方がうれしい。考えて、最終的にういを選んでくれたらいいな」と、ういは笑顔のまま、はるの気持ちを受け止めた。



 一方、にのんとはるの2ショットでは、突然はるへアプローチしだした経緯を説明するにのん。最初ははるへ気持ちが向いていたにのんですが、「ういちゃんとはるを見て、ういのすなおさ、まっすぐさに自分は勝てないなって思って。自分の中で負けちゃった。でもそう思い返すと、ずっと(思っていたのは)はるだったのかも」と真摯に伝えるにのんに、はるも 「そうなんだ」と腑に落ちた表情を見せる。そして、はるへの誕生日プレゼントを用意していたにのん。お互い読書好きという共通点もあり、伊坂幸太郎のエッセイ集を選んだにのんは、はるの生まれ年に発表されたというエッセイの一文を読み上げる。



「“こうやってまわりの友人や知人を巻き込むような、ひとりよがりで傍迷惑なのが、恋愛の面白さ、豊かさなのかもしれません”っていうのがあるの。今までの自分と真逆だなと思って。これが恋愛なのに、今までの自分はできていなかった。だから、今から私は傍迷惑な恋愛をします!」と宣言。これを受け、はるも「18回誕生日があったけど、最高だった」と笑顔を見せた。



 しかし、「正直、今はういのことが好きなの」と伝えるはるに、「それでいいんだよ。それを言ってくれるからこそ、私もはるのことを信用できるし、頑張りがいがある。頑張るから見ててほしいです」と、にのんは今のすなおな思いをぶつけた。



 さらに、ひまわりを髪に挿したにのんとういが、「どっちの方が可愛い?」とはるに詰め寄る。これにははるも返答に詰まり、たじたじな様子。3人の三角関係の行方はどうなるのか。



 また、にのんが引用した“傍迷惑な恋”というワードについてスタジオゲストの鈴鹿央士も「すごくすてき」、横澤夏子さんも「恋愛ってそうじゃん!みんな巻き込んで恋愛するのが恋愛!すばらしい言葉を教えてくれました」と絶賛した。



■オオカミちゃんが動き出す?加藤栞&高鶴桃羽のまさかの行動に困惑



 中間告白では、お互いの思いを確かめ合った、現役高校生K-1ファイター・るい(大久保琉唯)とバレリーナ・ももは(高鶴桃羽)。しかし、それ以来、2人の関係性に進展はなく、アトリエで2ショットにはなっても、るいはややそっけない様子を見せる。そんなるいのに、不安が募ったももはは「1日に1回だけしか2人でしゃべれていない。だから、もっと2人で作業したいし、2人でもっと話したいよ」と自分の思いを伝える。るいが「そうだね」と言葉を続けようとした最中、るいの返答を待たずに、突然走り去るももはの行動にるいは困惑し、アトリエにいた他のメンバーも何事かと様子を伺う。ももはの行動は照れ隠しなのか。



 さらに、モデルでアーティストのひびき(鈴々木響)と2ショットになった「Seventeen」専属モデルしおり(加藤栞)の言動にも、怪しい気配が漂う。この日、しおりと2ショットになる前に、なな(新野尾七奈)を誘い、2人で話していたひびき。中間告白でもななに振られていたひびきだったが、ここでも再び「ひびきは友達」と告げられてしまう。2度もはっきりと振られてしまい、「もう無理だな」と落ち込んでいるひびきに、しおりは「ひびきとちゃんと話してみたいと思ってるんだ、実は」と伝える。続けて「居心地いいっていうか。話してみたいな、もっと」とさらに畳みかけた。これまでは一途にりお(高橋璃央)を思い続けていたしおりの急な心の変化に、横澤も「全然想像つかなった!まさかしおりちゃんがひびきを好きになるなんて!」と困惑した様子を見せた。



 そんな中、スタジオMC陣の「“嘘つき”オオカミ」予想では、鈴鹿が「僕ははるくん。ういちゃんとにのんちゃんに言っている言葉が都合よく聞こえる。はっきり言っているようで言っていないから気になっちゃう」、横澤は「ひびきかな。ずっとななちゃんを好きって言っていたのに、あえてしおりちゃんに2回振られたことを言うのが作戦だったんじゃ?」と考察。飯豊まりえは「しおりちゃん。最年少だし、甘えられるというか(ひびきへの)話してみたいよっていう言動が、相手のことを思っているように見えるけど、もしかしたら…」、滝沢カレンは「ももはちゃん。オオカミだからちゃんとしないとって思ってるけど、うまくいかなくなってどうしようって不安になってるように見える」とそれぞれの視点から怪しいメンバーの名前を挙げた。はたしてこの中に「“嘘つき”オオカミ」はいるのか。



 さらに、第6話のラストでは、初めてひびきが「太陽LINE」を使用し、しおりをデートに誘います。第5話で、しおりと向き合うことを決めたりおは、このデートに参加するのか注目が集まる。



 第1話から第3話と第6話は「ABEMA」にて無料で配信中。
カテゴリ