中越典子、堤真一の亡き妻役 奈緒主演『ファーストペンギン!』出演「とても大切な役をいただきました」

中越典子、堤真一の亡き妻役 奈緒主演『ファーストペンギン!』出演「とても大切な役をいただきました」

 俳優・中越典子が、10月5日からスタートする奈緒主演の日本テレビ系連続ドラマ『ファーストペンギン!』(毎週水曜 後10:00)に出演が決定した。堤真一が演じる漁船団「さんし船団丸」を率いる漁師・片岡洋の亡き妻・片岡みやこ役に起用された。



【写真】『ファーストペンギン!』のモデル・坪内知佳さん



 実話をもとにした同作は、人生崖っぷちの若きシングルマザー・岩崎和佳(奈緒)が「1万円で浜を立て直す」というオファーを受け、荒くれ漁師たちのボスになる。ガンコな海の男たちとぶつかり合いながらも、ド素人ゆえの大胆さで、古い常識や慣習を次々と打ち破り、まさかの大革命を巻き起こしていく物語。



 中越演じるみやこは、もともとは子連れのシングルマザーだったが、移住先の港町で出会った片岡と再婚する。しかし突然病に倒れ、そのまま帰らぬ人となる…という役どころ。片岡は、突然港町にやって来た和佳と、亡き妻・みやことの面影が重なり、思わずハッとする。みやこの存在が、片岡と和佳の出会いにどう影響していくのかにも注目だ。



■中越典子(片岡みやこ役)コメント



「ファーストペンギン」、その言葉の意味を今まで知りませんでしたが、意味を知りすてきな言葉だなと思いました。同じ九州出身の奈緒さんは笑顔がお花のようにかわいらしくて、堤さん、漁師団の皆さんに現場でお会いしましたが、まるで本当の漁師さんのようでした!



港での撮影では強風にも驚きました。これから秋に向かい太陽は優しくなっては来ますが、色々と天候との戦いにもなりそうです。私は亡くなってはいますが、とても大切な役をいただきました。ぜひご覧ください。
カテゴリ