ソフトバンクロボティクスが日本ロボット学会「第14回ロボット活用社会貢献賞」を受賞!

ソフトバンクロボティクスが日本ロボット学会「第14回ロボット活用社会貢献賞」を受賞!


ソフトバンクロボティクスは、9月7日(水)に開催された第40回日本ロボット学会 学術講演会において「第14回ロボット活用社会貢献賞」を受賞した。

ロボット活用社会への貢献を称えられて受賞



「第14回ロボット活用社会貢献賞」の受賞は、同社が提供する配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」および「Keenbot(キーンボット)」を通じ、ロボットの社会への普及・浸透に貢献したことが評価されたことによるものだ。

ロボット活用社会貢献賞は、「ロボット活用社会」の実現に向けて、ロボットを様々な形で社会に普及・浸透させ、社会の変革に大きく貢献した団体や個人の活動や知見を顕彰し、さらなる活用を促進させることを目的に制定された。

配膳・運搬を通してロボットの新時代接客を提案



同社は、2021年2月より「Servi」の提供を開始し、2022年6月時点で約300ブランドに導入されている。2022年には「Keenbot」の提供も開始した。

利用者の店舗規模や使用環境、配膳容量などに合わせて適切で柔軟な製品提案を行うことで、配膳・運搬ロボットの普及・拡大に努めており、その実績が評価され今回の受賞となった。

ソフトバンクロボティクスは、今後もロボットによる新時代の接客の形を提案しながら、人手不足・生産性向上などの課題解決をサポートしていく。

ロボットの活躍に興味がある人は、「Servi」や「Keenbot」に注目しよう。

配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」:https://www.softbankrobotics.com/jp/product/servi/

配膳・運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」:https://www.softbankrobotics.com/jp/product/keenbot/

(佐藤 ひより)
カテゴリ