THE ALFEE、北大路欣也主演ドラマ『記憶捜査3』主題歌を担当 高見沢俊彦「背中をそっと押してくれるような楽曲」

THE ALFEE、北大路欣也主演ドラマ『記憶捜査3』主題歌を担当 高見沢俊彦「背中をそっと押してくれるような楽曲」

 ロックバンド・THE ALFEEの新曲「Circle of Seasons」が、俳優の北大路欣也が主演を務めるテレビ東京10月期のドラマ『記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~』(毎週金曜 後8:00)の主題歌に決定した。



【ライブ写真5点】臨場感たっぷりのステージで演奏するTHE ALFEE



 同ドラマは金曜8時のドラマ枠で2019年にシーズン1、20年にシーズン2、スペシャルとしても2回放送された人気シリーズ。定年間近に起きた事件でけがを負い車いす生活となった北大路演じる敏腕刑事・鬼塚一路が人並み外れた土地勘を頼りに、詳細に記憶した「昭和」と「平成」2つの時代の街のイメージを呼び起こし、「令和」に怒る難事件を解決していく。



 THE ALFEEは、20年に放送された『記憶捜査2』でも主題歌を担当。前回は、ドラマの登場人物たちを優しく包み込むようなバラード「Joker-眠らない街-」だったが、今回は爽やかなメロディーと前向きで明るい歌詞で、新宿東署の面々や毎話登場する事件関係者の背中を押してくれるような楽曲となっている。



 高見沢俊彦は、「善と悪、闇と光、この世界は陰と陽で彩られています。人生は良いときもあれば、悪いときもある。つまずいて倒れたら、立ち上がってやり直せばいいだけのこと…でも、それは容易ではありません。今回は、そんな時に背中をそっと押してくれるような楽曲をと思い制作いたしました。特徴は、現代生活に向けたポジティブな歌詞と、THE ALFEEによる全編にわたる3声のコーラスです」と楽曲を紹介。「『Circle of Seasons』がドラマに寄り添い、鬼塚刑事の記憶に残るような楽曲になればと、心から願っております」と力を込めた。
カテゴリ