新海誠監督×RADWIMPS、3度目のタッグ『すずめの戸締まり』ハリウッドの陣内一真、TikTokで発掘した十明も参戦

新海誠監督×RADWIMPS、3度目のタッグ『すずめの戸締まり』ハリウッドの陣内一真、TikTokで発掘した十明も参戦

 新海誠監督の新作アニメーション映画『すずめの戸締まり』(11月11日公開)の音楽を、『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(19年)に続いて3度目のタッグとなる、RADWIMPSが担当することが発表された。さらに、シアトルを拠点としながらハリウッド映画の音楽も手がけ、日米で活躍している映画音楽作曲家の陣内一真にRADWIMPSとの共作をオファーするという新たな試みも明らかになった。



【動画】新海誠監督の新作『すずめの戸締まり』予告編



 新海監督は以前、製作発表会見で「今作では映画館に足を運ぶ理由になるような作品作りをしたい」「映画館のスクリーンで、人間の持っている“物語に没入する能力”を最も発揮できる絵作り、音作りをやっていきたい」と、これまでと違う新しい劇場体験を創り出すことへの並々ならぬ決意を語っていた。



 本作ならではの新たなる挑戦として、新海誠×RADWIMPS×陣内一真というコラボレーションが実現。陣内とのタッグについて野田洋次郎(RADWIMPS)は、「映画音楽、そしてゲーム音楽など多岐に渡って長年創作をされてきた陣内さんとの共同作業は一言では言えないくらいの経験値と、新たな視野を与えてくれました」と刺激を受けたことを明かしている。



 陣内は本作への参加について「RADWIMPSさんのすばらしい音楽と共存できる空気感や躍動感を見つける工程はとてもエキサイティングで緊張感がありましたが、この作品に求められる音楽として1つの形を示せているのではないかと感じています」とコメント。



 2006年よりゲームや映画、アニメ音楽の作曲に携わり、16年にゲーム『Halo 5: Guardians』で英国アカデミー賞音楽賞にノミネート。19年発売のマーベルのゲーム『Marvel’s Iron Man VR』の作曲も担当。アニメーション作品では19年公開のNetflix『ULTRAMAN』、20年公開のNetflix『攻殻機動隊SAC_2045』、21年公開のDisney+『スター・ウォーズ・ビジョンズ:9人目のジェダイ』で、作曲家・戸田信子氏と共同作曲を行う。また、『名探偵ピカチュウ』や『ジュマンジ/ネクスト・レベル』など、ハリウッド作品の作曲チームにも参加。フィルムスコアリングによるオーケストラと電子音楽を用いたハイブリッドな作風が特徴だ。



 本作のアクションシーンの音楽はハリウッドでの音楽制作のアイディアを活かしたとも話しており、果たして“新海作品におけるアクションシーン”とは一体どのようなシーンになっているのか、期待が高まる。



 レコーディングの一部は、新海作品初となる海外で行われ、これまでビートルズをはじめ、数多くのミュージシャンがレコーディングを行っている歴史的なアビー・ロード・スタジオ(ロンドン)でも実施。陣内は「今作のレコーディングやミキシングには数々の名作映画の音を作ってきた素晴らしい音楽チームに参加していただき、『すずめの戸締まり』ならではの音楽体験になっていると思います。ぜひ劇場で体感していただけたらうれしいです」と自信をのぞかせている。



 また、予告映像で流れている主題歌「すずめ」を歌っているのは、十明(とあか)。野田の希望もあり、主題歌「すずめ」の楽曲の世界を表現するに相応しい歌声を探していた制作陣。さまざまな声を聴き、実際にオーディションも行った中で、新海監督とRADWIMPSの心を掴んだのはTikTokでその歌声を届けていた十明だった。主題歌「すずめ」を担当することが決まった十明は「RADWIMPSさんの、繊細で耳に残るメロディと新海監督の美しく心動かす世界観の一部になれたことをとてもうれしく思います」と初々しく喜びを語っている。



■新海誠監督のコメント(全文)



 『すずめの戸締まり』の脚本の第1稿を書き上げた後、迷わずすぐに洋次郎さんに送りました。過去二作とははっきりと違う音楽が必要になる映画だと思いましたし、今までよりもずっと鮮烈な音楽体験を観客に与えたかったのです。そのための方法を一緒に探してくれるのは、やはりRADWIMPSだと思いました。二年以上の制作期間中に、十明さんの無二の歌声と出会い、どこまでも頼もしい陣内さんと出会いました。二人とも、映画の形をさらに大きく変えてくれました。音楽体験と呼ぶにふさわしいものを、劇場で体感していただけると確信しています。どうか楽しみにしていただけますように。

カテゴリ