ジョンの名曲で歌われた“バンガロウ・ビル”は実在した 本人登場の本編映像解禁

ジョンの名曲で歌われた“バンガロウ・ビル”は実在した 本人登場の本編映像解禁

 世界的ロックバンド、ザ・ビートルズがインドに滞在していた時に、たまたま居合わせた青年ポール・サルツマンが、約半世紀経って再びインドを訪れ、ビートルズと過ごした奇跡の8日間を振り返るドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(9月23日より全国順次公開)より、ジョン・レノンが歌った虎を撃ったハンター“バンガロウ・ビル”が登場する本編映像&新ビジュアル解禁となった。



【画像】インドのリシケシュでギターを弾くジョン・レノン



 新ビジュアルは、サルツマン監督がアシュラムで撮影した、4人がマハリシと共に座禅を組んだ記念写真を使用した日本だけのもの。あわせて解禁された映像は、ジョンがインド滞在中に作ったハンターを歌った曲にまつわる本編映像だ。



 1968年、心の平穏と新しいアルバムの準備をするためにインドのリシケシュを訪れたザ・ビートルズは、超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの僧院にいた。世界的に注目を集めたインド訪問だが、日常から遮断されたマハリシのアシュラム(僧院)でどんな生活を送っていたのかを知る人は少ない。本作のポール・サルツマン監督(当時23歳)は、そのアシュラムでビートルズのメンバーと遭遇し、奇跡の時間を共にした。



 インドから帰国した後に発表されたアルバム『ザ・ビートルズ』(通称『ホワイト・アルバム』)に収録されている一曲「コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ビル」は、母と虎狩りに出かけるバンガロウ・ビルを皮肉った歌だ。このバンガロウ・ビルは実在し、実話から生まれた歌だった。



 当時、リシケシュに滞在していたナンシー・クックとその息子リッキ・クックから虎狩りにいったエピソードを聞き、無意味な殺生を嫌ったジョン・レノンが反感を込めて作った曲だった。本編には、このリッキ・クック本人が登場し、アシュラムに滞在していたジョン・レノンやマハリシの反応を語り、現在に至る経緯を告白する衝撃の内容となっている。



 波間から始まる映像は、リッキ・クックが暮らす自然豊かなハワイの自宅へとフォーカスしていく。穏やかな表情で語り始めたクックは、「木に登って隠れていると突然ゾウが大きな音を立てて歩いていくのが聞こえた。続いてサルやマングースなどジャングルの小動物たちが一斉に飛び出してきた」と当時を振り返る。狩りをするクックと家族の前に現れたのはジャングルの王者だった。「トラが来ていたんだ。すぐにトラが姿を現し、気づくと引き金を引いていた。照準器から見たトラの毛色を覚えている」と、突然現れた虎に反射的に引き金を引いたという。



 母が慌ててマハリシに報告へ行くと、そこにはジョンも居合わせていた。彼女の話を聞いたジョンは「ひどい それは殺生だ」とゾッとした様子で口にしたと明かす。いつも温厚なマハリシもこの時ばかりは顔をこわばらせ、「殺生は、殺生だ」と怒りを露わにした。



 彼はこの事件の後、ライフルに触れることをやめ、ナショナルジオグラフィックのカメラマンとなり、動物写真を通じて自然を守る活動を続けることになったという。リッキ・クックも、ビートルズとの出会いによって、人生が変わった一人だ。本編では、ことの経緯を知るジョージの元妻パティ・ボイドが、クックと会えたことは素晴らしいと語るシーンも要チェックだ。

カテゴリ