Netflix シリーズ『ロマンティック・キラー』梅原裕一郎、梶原岳人、花江夏樹ら声の出演

Netflix シリーズ『ロマンティック・キラー』梅原裕一郎、梶原岳人、花江夏樹ら声の出演

 動画配信サービス「Netflix」で10月27日より独占配信されるNetflix シリーズ『ロマンティック・キラー』の本予告と、「“ロマンティック・キラー”に私はなる!」と宣言する杏子の意思を表すようなキービジュアルが解禁となった。



【動画】Netflix シリーズ『ロマンティック・キラー』本予告



 本作は、オシャレや恋愛には目もくれずゲーム三昧の毎日を過ごしてきた、“非ヒロイン属性”の女子高生・星野杏子(CV:高橋李依)と、“とある目的”で杏子に恋愛をさせるべく突然現れた魔法使いリリ(CV:小松未可子)によって繰り広げられる、ドタバタ青春ラブコメディ。



 解禁された本予告では、“アンチ・イケメンパラダイス”と称し、趣味を取り戻すためにリリの仕掛ける恋愛フラグを全て回避すると宣言する杏子の前に、三者三様のイケメンたち―ー学校一のパーフェクトイケメン・香月司、スポーツ系幼なじみイケメン・速水純太、金持ちのツンデレイケメン・小金井聖、が初登場。各キャラクターを、梅原裕一郎、梶原岳人、花江夏樹が演じている。



 男女逆転の床ドンシーンや、イケメンの行動にキュンとした杏子がヒロインらしからぬワイルドな反応を見せる様子も。一見、少女漫画の王道展開なようでどこか逸れているシチュエーションが次々と杏子の心をかき乱していく。



 あせて解禁されたキービジュアルでは、愛する趣味のため、イケメン3人との少女漫画展開を迎え撃つ“ロマンティック・キラー”としての杏子が描かれている。非ヒロイン属性の杏子は押し寄せる恋愛フラグを回避して平穏な日常を取り戻せるのか!?



 さらに、恋愛に翻ろうされる杏子とイケメン3人を支えるキャラクターとして津田健次郎が聖の執事・土屋、石見舞菜香が杏子の親友・咲姫、下野紘が司が心を許すクラスメイト・真斗を演じる。



 エンディング曲は、魔法使い・リリの声優を務める、小松未可子が歌う「Romantic Love〜恋愛しませんか?☆〜」に決定。絶対に恋愛したくない杏子と絶対に恋愛させたいリリのし烈なバトルを物語るような歌詞を、自身が演じるリリとして歌い上げる。ちょっぴり憎らしいが、かわいらしい愛きょうも兼ね備えているリリのキャラクター性が伝わる一曲となっている。



 配信開始と同日(10月27日)には、オフィシャルグッズも発売。キービジュアルのクリアファイル、ソルジャーの様なワイルドな表情をする杏子や主要キャラクターのキャラバッチコレクション、実用的なトートバックなど、ラインナップは予約サイトで確認できる。

カテゴリ