BTS釜山万博誘致祈願ライブ Weverseで全世界同時生中継へ 8ヶ国語翻訳、巻き戻し機能も

BTS釜山万博誘致祈願ライブ Weverseで全世界同時生中継へ 8ヶ国語翻訳、巻き戻し機能も

 韓国の7人組グループ・BTSが、10月15日に釜山アジアド主競技場で開催する『2030釜山国際博覧会』誘致祈願コンサート「WORLD EXPO 2030 BUSAN KOREA CONCERT BTS <Yet To Come> in BUSAN」が、グローバルファンダムプラットフォームWeverseのリアルタイム映像ライブ機能「Weverse LIVE」を通じて全世界同時生中継することが決定した。



【動画】メンバーからのコメントも! BTS2年ぶり有観客のLA公演を配信



 WeverseはBTS釜山コンサートの公式ストリーミングプラットフォームとして、これまで蓄積してきた技術とノウハウを総結集するとし、「これまで行ってきたアーティストの公演やコンテンツの中継などを通じて高度化させてきた大規模アクセスの処理能力やストリーミング技術、ノウハウにより安定的な公演中継環境を構築し、視聴者の利便性を最大化させたストリーミングサービスを提供する予定」とコメントしている。



 これに先立って、7月には米シカゴで開かれた大規模音楽フェスティバル『ロラパルーザ』で、TOMORROW X TOGETHERとBTSのJ-HOPEのステージを「Weverse LIVE」を通じて220ヶ国・地域に生中継。合計再生数1628万回に達する大規模なアクセスを安定的に処理したという。



 Weverseは海外用ネットワークを構成し、「グローバルに公演映像を安定的に配信するだけでなく、最適な画質および音響で配信できるように準備」を進めている。「ライブの途中で一つの機能や領域に問題が発生しても、ライブ全体の画質に影響を及ぼさないようネットワークを二重化。ユーザーのネットワーク環境に応じて自動的に画質を選択」するなど、全世界のどこでも最適化された品質で映像を届けるとしている。



 短時間内に急激にアクセスが増加する対策として、中継時にアクセス容量が追加で必要な場合、リアルタイムに増設されるシステムを構築。生中継中にエラーが発生した場合も「配信に支障がないように代替システムが迅速に作動する自動復旧システムを実装し、特定領域で発生した問題が他の領域に転移しないようにする障害孤立化機能を搭載することで、ストリーミングの安全性を強化した」という。



 Weverseはスマホアプリのみならず、PCウェブサイトやスマートテレビに搭載されたWeverse TVアプリなど、多様な視聴オプションを提供。公式ストリーミングプラットフォームとして全世界のユーザーがともに鑑賞できるよう、翻訳対象言語を既存の韓・英・中・日の4言語から、スペイン語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語を加えた8言語に拡大した。



 ライブタイムマシーン機能を搭載し、公演開始に間に合わない場合でもライブ映像再生バーを戻すことによって最初から公演を鑑賞することが可能に。また、リアルタイムチャット機能を通じて全世界のファン同士が公演中にコミュニケーションできる環境も用意する。
カテゴリ