玉山鉄二、左もみあげにつむじ 縦型ドラマで顔のアップになり「こんなところにあるんだと知らされました」

玉山鉄二、左もみあげにつむじ 縦型ドラマで顔のアップになり「こんなところにあるんだと知らされました」

 俳優の玉山鉄二(42)が20日、都内で行われた縦型ドラマ『終わらせる者』(LINE NEWS VISIONで22日配信開始)の完成報告イベントに参加した。



【全身ショット】美脚チラリ!個性的ファッションで登場したさとうほなみ



 マネキン連続殺人事件の謎に迫る刑事役を玉山は務める。縦型映像作品へは初出演となり、新たな発見を問われると玉山は「普段のテレビだったりと比べて人物に寄ったときに余白が少ない分、より人物の表情だったり、目の奥の色や温度や没入できる」と魅力を語った。さらに、42歳で初めて気づいたことも。ヒゲをたくわえているが「左のもみあげにヒゲのつむじがあるんだ、と。今回、縦型ドラマのおかげで、こんなところにつむじがあるんだと知らされました」と明かし、笑わせていた。



 イベントには、さとうほなみ、田中直樹(ココリコ)も参加した。



 『終わらせる者』は、遺体とマネキンを合成させる猟奇的な“マネキン連続殺人事件”。世間を震撼させた事件が、一風変わったある一家で新たに起きた。この事件に異常に執着し、時間と人生を費やしてきたことで変人と呼ばれている警察官・清水拓也は、被害者と居合わせた5人の中に犯人がいると確信し、橋本という謎めいた男が派遣した若手警察官・蓮井恭也とバディとなり、事件の真相に迫っていく。攻撃的で暴走する清水を止めながらも、恭也は事件の異様な真相に気づいていく。一方、清水は「終わらせる者」という謎の言葉を知り、事件は思わぬ方向へ展開していく。
カテゴリ