菅田将暉の弟・菅生新樹、父親との上下関係語る「父親ですけど上司みたい」 幼少期からのエピソードも明かす

菅田将暉の弟・菅生新樹、父親との上下関係語る「父親ですけど上司みたい」 幼少期からのエピソードも明かす

 俳優で歌手・菅田将暉の弟・菅生新樹(すごう・あらき/23)が20日、都内で行われた連続ドラマ初出演となる『トップギフト』(LINE NEWS VISIONで10月7日配信開始)の完成報告イベントに参加。ドラマのイベントに初登場した。



【動画】声や笑顔は似てる?菅田将暉の弟・菅生新樹



 連続ドラマ初出演となる本作で菅生は、少女の兄である元格闘家で、今は地下格闘技で戦いに明け暮れている、物語の鍵を握る男・山下恭四郎を演じる。



 菅生は、今年6月に芸能事務所に所属して本格的に俳優活動を始めると発表し、『バーチャル高校野球』のCMに出演。9月3日に開催される『第35回マイナビ東京ガールズコレクション』にも登場し、モデルデビューしていた。



 作品にかけ、上下関係について語ることに。菅生は「父」と記すと「幼少期から何を言うにしても、何をするにしても大人の目線というか、1人の人間として教えてもらった」と振り返る。「例えば映画を観て『どうだった?』と言われて『楽しかった!』と言うと怒られた。『どこが、どうだったか』と、ずっと言われていた。今も父親ですけど上司みたいな。1番、頼れるし、相談できる存在です。上下関係がはっきりあります。仲はいいんですけど」と明かしていた。



 “縦型ドラマ”で新たな物語の伝え方を探究するレーベル「上下関係W(ワールド)」最新作。家族を支えてうつむいてばかりの少女・小雪が、天使と名乗る謎の男・天童から、自分や家族が“ある物”のせいで不幸になっていると告げられ、やがて驚がくの事実にたどり着くというストーリーとなっている。



 そのほか、唐沢寿明、石井杏奈、安藤政信、藤森慎吾、平沼紀久監督も参加した。

カテゴリ