14人のキャストがズラリ、実話に基づいた7つの愛の物語『モダンラブ・東京』追加キャストも

14人のキャストがズラリ、実話に基づいた7つの愛の物語『モダンラブ・東京』追加キャストも

 Prime Videoで10月21日より世界同時配信となる、Amazon Original ドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』の本予告映像と、計14人のキャストが勢ぞろいしたキービジュアル、追加キャストが解禁となった。



【動画】『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』本予告



 同ドラマは、2019年にアメリカで制作され、さまざまな愛をテーマにした一話完結型のオムニバスドラマ『モダンラブ』の日本版。舞台を現代の東京に移した7つの物語(6つの実写作品と1つのアニメーション作品)から成り、水川あさみ、榮倉奈々、伊藤蘭、成田凌、永作博美、ハリウッド女優のナオミ・スコット、黒木華らが主演を務める。



 解禁となった本予告では、本作の登場人物たちの人間模様が、各エピソードの印象的なせりふとともに映し出される。



 仕事と子育ての両立に奮闘するパートナーたちの姿を描く「息子の授乳、そしていくつかの不満」、離婚を経て自身の本当の気持ちに気付いていく主人公を描く「私が既婚男性と寝て学んだこと」、マッチングアプリから始まるシニアの恋を描く「最悪のデートが最高になったわけ」、心の病と向き合う夫婦の絆を描く「冬眠中のボクの妻」、思いがけない手違いから始まる男女の不思議な関係を描く「彼を信じていた13日間」、国境を越えて出会った二人の愛の形を描く「彼は私に最後のレッスンをとっておいた」、そして学生時代に経験した甘く切ない初恋を描く「彼が奏でるふたりの調べ」。



 実話から生まれた7つの愛の物語は希望と勇気に満ちあふれ、さまざまな愛の可能性を見せる。注目は、「素敵な人だったので、必死でした」、「大丈夫、愛は必ずやってくるものだよ」、「愛は理屈じゃないから」などの胸を打つ愛にまつわる印象的なせりふの数々。Awesome City Club が歌う主題歌「Setting Sail 〜 モダンラブ・東京 〜」も聴くことができる。



 追加で発表された出演者は、「息子の授乳、そしていくつかの不満」に、海外に住む真莉(水川)の友人・香織役の松本若菜、真莉たちが通う授乳支援グループの代表・依田陶子役の寺島しのぶ、真莉の母・真子役の梶芽衣子。



 「私が既婚男性と寝て学んだこと」の主人公・加奈(榮倉)の不倫相手・裕一役の高良健吾。



 「最悪のデートが最高になったわけ」の主人公・奈津子(伊藤)と速水(石橋凌)と同じく、マッチングアプリで出会い、初デートをする若者・悠太と理香を

演じる藤原季節と三浦透子。



 そして「彼を信じていた13日間」でTV ディレクターとして働く主人公・桃子(永作)に、不祥事を問い詰められる農林水産省の役人・吉本役で國村隼が出演する。



 ショーランナーの平柳敦子監督(※柳=異体字)は「各話の元となったオリジナルのニューヨーク・タイムズの記事も、最後は希望のもてるものを選びました」と、本作で描かれるさまざまな愛の形の先に“希望”があることを語りながら、「すばらしい監督と脚本家の方々、そして才能あふれるキャストの皆様とのコラボレーションで、ユニークで面白いオムニバス作品になっています。どこか心に響く瞬間が各エピソードにありますので、楽しみにしていて下さい」と、コメントしている。

カテゴリ