千葉雄大の本領発揮ぶりが垣間見える“あざとかわいい”場面写真

千葉雄大の本領発揮ぶりが垣間見える“あざとかわいい”場面写真

 俳優の前田敦子が主演する、映画『もっと超越した所へ。』(10月14日公開)より、新たに趣里と千葉雄大演じる、鈴&富の2ショット場面写真が到着した。



【画像】鈴&富の2ショット場面写真がもう一枚



 同映画は、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、面倒くさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながら、エネルギッシュに生きる様を痛快に描く。劇作家・根本宗子が自身の舞台作品を大胆なアレンジで映画脚本にし、ドラマの演出や、星野源、乃木坂46らのミュージックビデオ、CM等で活躍する映像クリエーター・山岸聖太が監督を務めた。



 今回、新たに解禁された場面写真では、鈴の肩に頭を乗せてクッションを抱きながら映画を観ている富と、その富を少し意識しているような鈴の姿が垣間見える。富はワガママだがなぜか許されてしまう魅力を持った“あざとかわいい”男子。鈴もそんな富を放っておけず、グチをこぼす彼に付き合ったり、食事の準備をしたりとついつい面倒を見てしまう。そんな中、富への恋心は募る一方で…。



 もう一点の場面写真では、富が鈴にプレゼントを渡す姿が収められている。突然のプレゼントに「なんだよーとみーからかよー」と鈴は応えるが、富に好意を寄せている鈴の心中は穏やかではない様子だ。



 山岸監督は「富役は初期段階から千葉雄大さんをイメージしていました。せりふの密度がある脚本なので、本読みの時に『せりふのテンポを早めてほしい』と要望を出したんですけど、富の無自覚な外連(けれん)味を見事に体現してくれたと思います」と振り返る。



 キュルンとした瞳で、「鈴ちゃーん!」と駆け寄ってくるかわいらしさやマッチングアプリで出会った相手への苛立ちをマシンガントークで訴える鬼の形相など、コロコロと変わる表情や仕草から“あざとかわいい”を垂れ流す富を千葉が本領発揮の演技で魅せている。
カテゴリ