ドラマ『推し武道』でChamJamがアニメ版名曲をカバー “えりぴよ”松村沙友理の妹分には片田陽依

ドラマ『推し武道』でChamJamがアニメ版名曲をカバー “えりぴよ”松村沙友理の妹分には片田陽依

 俳優・松村沙友理が主演し、10月スタートするABCテレビ・テレビ朝日ドラマL『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の劇中で、アイドルグループ“ChamJam”(チャムジャム)が同作アニメ版の名曲「ずっとChamJam」をカバーすることが発表された。



【写真】“えりぴよ”松村沙友理の妹のような存在・玲奈を演じる片田陽依



 2015年から『COMICリュウ』(徳間書店)で連載中の原作漫画(原作:平尾アウリ)は、岡山で地道に活動する地下アイドルグループ・ChamJamと熱狂的ドルオタ・えりぴよらのまっすぐな姿を描き、“推し武道”の愛称とともに、累計発行部数100万部を突破。2020年1月のアニメ化に続く今回の連ドラでは、松村が主人公えりぴよを演じる。



 ChamJamのメンバーを演じるのは、中村里帆、ガールズグループ@onefiveのMOMO、KANO、SOYO、GUMI、和田美羽、伊礼姫奈の7人で、アニメ版の名曲「ずっとChamJam」も披露する。劇伴も担当する日向萌氏がアレンジを手がけ、メンバーが歌って踊るPR映像が、ABCテレビで23日放送の『もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら…。』(深0:24 ※関西ローカル)、テレビ朝日で24日放送の『彼女、お借りします』(深2:30)で解禁予定。ペンライト&ChamJamの名前入り推しタオルなどのグッズも30日から販売される。



 また、アイドルオタク・基役の豊田裕大、くまさ役のお笑いコンビ・レインボー・ジャンボたかおに続く追加キャストも発表。基の妹・玲奈役を片田陽依、えりぴよの母・咲子役を西山繭子が演じ、ドルオタチームとして末吉9太郎(CUBERS)、岩永ひひお、村田優斗の登場も明らかになった。



 片田は、若手俳優を発掘・育成する「私の卒業」プロジェクトで応募者741名から選ばれ、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に前田真利菜役で出演中。『推し武道』では、ロングヘアを30センチ以上カットして女子高生・玲奈を演じる。えりぴよにとっては、同じChamJam・舞菜(伊礼)推しとあって、ライバルであり、かわいい妹でもあり、少し複雑な気持ちにさせる存在となる。



 ABCテレビで10月9日より毎週日曜午後11時55分、テレビ朝日で10月8日より毎週土曜の深夜2時30分に放送。TVerとGYAO!で見逃し配信が実施される。
カテゴリ