芸人キック、“著作権侵害”に「誠意を持って対処していく所存」 作家側の権利が明確でなく「困惑」とも

芸人キック、“著作権侵害”に「誠意を持って対処していく所存」 作家側の権利が明確でなく「困惑」とも

 お笑い芸人キック(元KICK☆)が21日、自身のブログを更新し、著作権侵害により出演番組『超ムーの世界R』を降板したとされる件について、「しっかりと弁護士さんの見解を伺いながら誠意を持って対処していく所存」とするコメントを発表した。



【写真】過去には『エンタの神様』で活躍…占い師でもあるキック



 ブログでは「お騒がせしております件に関してご報告です」とし、「ただいま双方代理人を立て話し合いをしているので、詳しいコメントは控えさせていただきたいと思いますが、端的に申し上げますと今回、作家さんから『私の話』を承諾なくしたのだから著作権侵害にあたるとのご指摘を受けております」と説明した。続けて「私としては著作権侵害にあたるのであれば、直ちに謝罪し、誠実に対応する必要があると考えております」とした。



 一方で「弁護士さんが言うには、著作権は話を創作した人に発生するとのことなのですが、今回の件で私がお話した話は、作家さん自身も人から聞いた話とのことであり、どの部分に作家さんの著作権があるか私には分からず、しかも、作家さんからも著作権侵害との指摘はあるものの、どの部分に作家さんの著作権があるかを明確にしていただけておりません」と明かし、「私としても困惑しており、どのように対応していいか分からない状態」だと伝えた。現在、代理人を通じて事実関係を確認しているという。



 また、「『著作権』というのは私達もよく耳にする言葉ですが、例えば伝承のように古くからあるお話には当然に著作権はなくなっていたり、事実を単に述べたようなものには著作権が発生しないなど、専門家でないと判断が難しい点も多々あるようです」とも釈明。「このため、本件についてもしっかりと弁護士さんの見解を伺いながら誠意を持って対処していく所存でございます。また経緯も含めて改めてどこかでお話させて頂けたらと思っておりますので宜しくお願い申し上げます」とつづった。



 キックをめぐっては、CSチャンネル「エンタメ~テレ」が14日、同局オリジナル番組『超ムーの世界R』で紹介した内容が「著作権侵害の恐れが高い」と判断し、該当回の放送・配信を停止したと発表。あわせて「今回の件を受け、キック氏から番組を降板したい旨の申し出がありました」として降板を伝え、「著作権者の方をはじめ、ご迷惑をおかけした皆様に深くお詫びいたします」と謝罪していた。



 作家・小原猛氏が著作権侵害を訴えたもので、ツイッターでは「『超ムーの世界R』シーズン222のサイキック芸人キック氏の話。私は許諾もなにもしておりません」「あまりにもひどすぎるので、この場を借りてサイキック芸人キック氏には正式に抗議します」などと憤りを表明していた。
カテゴリ