鈴木亮平×宮沢氷魚『エゴイスト』第35回東京国際映画祭コンペ出品

鈴木亮平×宮沢氷魚『エゴイスト』第35回東京国際映画祭コンペ出品

 俳優の鈴木亮平主演、その恋人役で宮沢氷魚が共演、松永大司監督による映画『エゴイスト』(2023年2月公開)が、「第35回東京国際映画祭(TIFF)」(10月24日~11月2日)コンペティション部門に正式出品されることが明らかになった。



【動画】映画『エゴイスト』特報



 さまざまなテーマを愛と毒のある切り口で、数々のコラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説が原作。ファッション誌の編集者である主人公・浩輔(鈴木)とパーソナルトレーナーの龍太(宮沢)との愛を描いた物語。同映画祭での上映がワールドプレミアとなる。



■あらすじ

 14歳で母を失い、田舎町でゲイである自分の姿を押し殺しながら思春期を過ごした浩輔。今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、自由な日々を送っている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである母を支えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太。ひかれ合った2人は、時に龍太の母も交えながら満ち足りた時間を重ねていく。亡き母への想いを抱えた浩輔にとって、母に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。しかし2人でドライブに出かける約束をしていたある日、何故か龍太は姿を現さなかった。



■コンペティション部門

 2022年1月以降に完成した長編映画を対象に、今年は107の国と地域から1695本の応募作品の中から、厳正な審査を経た15本の作品を期間中上映。各賞を決定する国際審査委員長にジュリー・テイモア(演劇・オペラ演出家、映画監督)が就任。国際審査委員にシム・ウンギョン(俳優)、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス(映画監督)、柳島克己(撮影監督)、マリークリスティーヌ・ドゥ・ナヴァセル(元アンスティチュ・フランセ館長)が務める。



■第35回東京国際映画祭 開催概要

開催期間:2022年10月24日(月)~11月2日(水)

会場:日比谷・有楽町・丸の内・銀座エリアの各映画館やホールなど

主催:公益財団法人ユニジャパン

公式サイト:www.tiff-jp.net
カテゴリ