ウクライナ出身カテリーナ、平和願い民族楽器バンドゥーラ奏でる 庄野真代と「翼をください」コラボ

ウクライナ出身カテリーナ、平和願い民族楽器バンドゥーラ奏でる 庄野真代と「翼をください」コラボ

 ウクライナ出身で民族楽器バンドゥーラ演奏家のカテリーナ(36)が、24日放送のNHK-BSプレミアム『歌えるJ-POP 黄金のヒットパレード決定版』(後9:00~10:59)に出演する。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から7ヶ月、シンガーソングライター・庄野真代と「翼をください」をコラボし、1日も早い平和到来を訴える。



【写真】平和を願って…チャリティーコンサートを行ったカテリーナ



 カテリーナはチェルノブイリ原子力発電所から2.5キロ離れた町で生まれ、「生後30日の時にチェルノブイリ原発事故に被災し、一家は町から強制退去させられた」と明かす。6歳の時に原発事故に被災した子どもたちで構成された音楽団「チェルボナカリーナ」に入団し、海外公演にも参加するように。「何度もコンサートで来日する中で日本の素晴らしさに感動」したことから19歳で活動拠点を東京に移した。



 ロシア軍によるウクライナへの軍事侵攻について、カテリーナは「たくさんの子どもや女性、お年寄りが殺されている」と語る。首都のキーウに1人で住んでいた母のマリヤさんは、3月にウクライナ脱出を決意。電車で11時間かけてポーランドとの国境に近い西部のリヴィウに移動し、何時間も歩いて国境を越えたという。日本政府がウクライナ人の受け入れを表明したことで、ワルシャワから英国ロンドンを経て来日し、現在はカテリーナと暮らしている。一方で2人の姉とその子どもたちは現地在住のままで、「戦争はフェイクじゃない」と実感をにじませる。



 こうしたなか、「どんな事情があっても独立国家に侵攻することは許してはならない」と訴えてきたフォークシンガーの松山千春が、バンドゥーラ演奏で全国を回るカテリーナを知り自らの東京公演(東京国際フォーラム=5月12日)のステージに招いた。客席から大きな拍手に迎えられたカテリーナは、そこで「翼をください」を披露して話題となった。1971年に赤い鳥が歌って話題になった同曲について、カテリーナは「日本の大好きな曲。千春さんと相談する中で選曲したが、ここまで話題になるとは…」 と語る。



 カテリーナは「子どもたちのために、これ以上の事故は起きてほしくない。1日でも早くウクライナに平和が戻ってほしい」と願い、24日の番組でもウクライナの国花として知られる「ひまわり」をバックにバンドゥーラを演奏する。「徐々に楽器が知られるようになって、日本でも関心を持つ人ができてきたというのでうれしい。バンドゥーラと言う民族楽器が日本でも知られることで、これからもウクライナへの関心が高まってくれたらうれしい」と語っている。
カテゴリ