マ・ドンソク主演、映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』日本版ビジュアル

マ・ドンソク主演、映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』日本版ビジュアル

 韓国映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』(11月3日公開)の日本版オリジナルビジュアルが解禁。“マブリー”マ・ドンソクが柔道の花形技・一本背負い投げを決める場面写真も公開された。



【画像】一本背負いを決めるマ・ソクト(マ・ドンソク)



 本作は『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)、『悪人伝』(19年)などの超ド級アクションと、愛されるルックスで国内外で人気を博し、マーベル映画『エターナルズ』(21年)に出演しマーベルヒーローの一員にもなった、韓国の俳優マ・ドンソクが主演・プロデュースしたクライムアクションの最新作。



 強引な捜査で世間の目を集めがちな型破り刑事マ・ソクト(マ・ドンソク)と犯罪組織の死闘を描く本作で、”最狂”のヴィラン(悪役)を演じるのは、Netflixシリーズ『私の解放日誌』(22年)で話題のソン・ソック。



 日本版オリジナルビジュアルでは、怪物刑事マ・ソクト(マ・ドンソク)と凶悪犯カン・ヘサン(ソン・ソック)が全面に映し出されており、「最強VS.最狂」というワードが、大きく表示されたインパクト絶大なデザインに仕上がっている。まるで格闘技の対戦カードを彷彿とさせるように、歴戦の貫禄を見せつける刑事マ・ソクトと、強靭な肉体をさらけ出し不遜な表情を浮かべるカン・ヘサンが対に配置されており、バチボコの闘いを予見させる。



 場面写真は、一本背負い投げを披露するカットのほかに、重すぎるワンパンを繰り出そうとする瞬間、凶悪犯を捕まえるために日々捜査を続ける衿川(クムチョン)警察署の強力班の雄姿、凶悪なヴィランでとして登場するカン・ヘサンが大蛇のように睨みを利かす最狂カットも到着した。
カテゴリ