カレン・ギラン主演、クローンとの生き残りをかけた死闘を描くSFスリラー『デュアル』

カレン・ギラン主演、クローンとの生き残りをかけた死闘を描くSFスリラー『デュアル』

 病魔に侵され余命わずかと知った主人公が、残された遺族のために自らのクローンを作りだしたことを発端に起こる、オリジナル“人間”VSクローン“複製”の生き残りをかけた死闘を描いたSFスリラー『デュアル』が10月7日より全国公開される。そう遠くない未来、現実に起こりうるかもしれない恐怖描き、サンダンス映画祭などで上映された。



【動画】カレン・ギラン主演、SFスリラー『デュアル』本予告&本編映像



 不治の病に侵された主人公のサラは、自らのクローンを遺族に残す「リプレイスメント(継承者)」制度を使用するも、思いがけず病が完治し死を免れてしまう。そこでサラ待っていたのは、廃棄を拒否したクローンとの決闘裁判だった。



 決闘裁判とは広いスタジアムを舞台に、用意された5種類の武器を5秒で選択し、オリジナルとクローンが生き残りを賭けて戦う制度。本予告ではクローンに勝つため、武器を片手に鬼気迫る表情でトレーニングに励む場面や、窓を突き破り躊躇なくボウガンを打ち込む場面など、生き残るためなら手段を選ばない闘志全開なサラの姿が確認できる。しかしクローン側も、サラに接触を試みセラピーに誘い出すなど、何やら策略を巡らせている様子。最後に生き残るのはオリジナルか、クローンか、どちらなのか…。



 主人公サラを演じるのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のネビュラ役、『ジュマンジ』シリーズのルビー役で大ブレイクを果たしたカレン・ギラン。来年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の3作目が控え、今後さらなる活躍が期待される。



 クローンとの決闘に挑むサラを鍛え上げるトレーナー役に、『ニード・フォー・スピード』のアーロン・ポール。そのほか、『ダイバージェント』のテオ・ジェームズらが脇を固める。



 約1年後に控える決闘裁判に向けてサラがトレーナーのトレントを雇い、初めて対面するシーンの本編映像も解禁となった。トレントはサラに決闘裁判でクローンと生き残りを賭けて戦う意思があるか問い、決意を確かめたうえでトレーニングを開始する。



 しかし、病み上がりのサラは体力もないため動きはぎこちなく、すぐにバテてしまう。疲労困憊し床に倒れ込みながらも「生き残るわ私の人生だもの、彼女に奪わせない」と話し闘志を燃やすサラ。トレントとのトレーニングを通して、自らの手でクローンを倒す決意を固めたサラの姿は、今後待ち受けるし烈な戦いを予感させる。

カテゴリ