錦織一清、娘のため頑張るサラリーマンを描く 植草克秀も観劇「柄にもなくほめてくれた」

錦織一清、娘のため頑張るサラリーマンを描く 植草克秀も観劇「柄にもなくほめてくれた」

 俳優で演出家の錦織一清(57)が20日、大阪市内で行われた舞台『サラリーマンナイトフィーバー』(10月28日~30日、大阪松竹座)取材会に出席した。



【集合ショット】艷やか純名里沙も! 『サラリーマンナイトフィーバー』キャスト陣が勢ぞろい



 クリスマスに娘の望みのものを手に入れようと頑張るサラリーマンを描いた作品で、錦織が作・演出に加え、自身5年ぶりの出演も果たした。着想したのは約20年前で、男性の友人たちから「もっと俺たちに関係がある舞台があったらおもしろい」と言われたのがきっかけだという。「植草(克秀)も観にきてくれた。『お前、娘とかいないのに親の気持ちがわかるんだな』と、柄にもなくほめてくれた」とはにかんだ。



 社長役の自身の芝居については「(過去に同役を演じた)藤山扇治郎くん、曾我廼家桃太郎くんがおもしろい社長だったんで、プレッシャー…。僕の方がおもしろくなくちゃまずいじゃないですか。でも、僕が一番つまらないと思います(笑)」と期待をもたせた。さらに「役者は役者1本で楽しみたいですね」と語った。



 2020年の初演、昨年のオンライン配信公演を経て、今回キャストを一新し、ダンスナンバーも7曲から13曲に増えるなどバージョンアップ。サラリーマンの通勤風景がテーマの「吊革ダンス」や「Wi-Fiダンス」なども交え、痛快人情コメディーを届ける。



 8月から宮城、愛知、石川、埼玉、福岡を巡演し、錦織は「ピーキーな感じもあるし、どうかなと思ったけれど、楽しんでくれている」と手応え十分。「思い入れが強い」という大阪松竹座のステージが大千秋楽となり、これをきっかけに「またスタートできたら」と決意をにじませた。



 5人のサラリーマン役を古原靖久、渋谷天笑、松浦司、室たつき、楢原じゅんやが演じるほか、純名里沙、舞羽美海、惣田紗莉渚、アンジーひより、松村彩永、笑福亭銀瓶らが出演する。
カテゴリ