バカリズムが送るショートドラマ『ノンレムの窓』第2弾が決定 窪田正孝、木村文乃、木村多江が主演

バカリズムが送るショートドラマ『ノンレムの窓』第2弾が決定 窪田正孝、木村文乃、木村多江が主演

 お笑い芸人・バカリズムが原案・脚本を手がける日本テレビ系ショートショートドラマ『ノンレムの窓 2022・秋』が、10月9日午後10時30分から放送される。向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞し、脚本家としての顔をもつバカリズムの真骨頂ともいえるちょっと不思議な“超現実の世界”を描いた新感覚オムニバスドラマ第2弾。今回は窪田正孝、木村文乃、木村多江が主演を務める。



【写真】窪田正孝が未来からきた男を演じる



 深い眠りを意味する「ノンレム睡眠」。ちょっと不思議な3つのショートストーリーは、夢なのか、それとも現実なのか。“夢と現実”“現実と非現実”その狭間を行き来する不思議なバカリズムワールドこそが『ノンレムの窓』だ。原案・脚本だけでなく、今回もバカリズム自らも「窓先案内人」としてドラマの幕間に登場。斉藤由貴が演じる“顔を一切見せない謎の女性マドカ”との不思議な掛け合いも見どころとなる。



 第1話『未来から来た男』(脚本・バカリズム)では、窪田が3年前にタイムリープし“未来から来た男”として一躍、時の人となる会社員を演じる。第2話『放送禁止用語』(脚本・伊達さん/大人のカフェ)では、木村文乃が急増する“放送禁止用語”を極めようとする朝の報道番組を担当するアナウンサー役、第3話『パスワードが知りたい』(脚本・安部裕之)では、木村多江が夫の隠し事を突き止めようとパソコンのパスワード解析に必死になり、夫と異常なまでの対決をする妻を演じ、夫役は鈴木浩介が務める。



 さらに、『未来から来た男』では柄本時生、味方良介、石井亮次(フリーアナウンサー)、『放送禁止用語』では大原優乃、福山翔大、菅谷大介(日テレアナウンサー)、相島一之らが脇を固める。



 第2弾放送に先駆け、バカリズムは「本当にうれしいです。立ち上げの段階から『定期的に特番として放送できたらいいですね』というお話をしていたので、それが即刻かなってうれしいです」と喜びのコメント。



 出演者について「今回も豪華ですね!キャスティング会議が一番楽しいです(笑)。『引き受けてくれるかなぁ』という思いで、バカなふりして聞いてみたら引き受けてくださって本当にありがたいです!!」と希望どおりのキャスティングにご満悦。「今回もとても良い仕上がりになっていると思います!ぜひ、みんなで見てください!そして、次もやらせくだください!!」と自信をのぞかせている。



 10月5日の深夜1時35分からは、4月に放送された第1弾『ノンレムの窓』主演・風間俊介×脚本・バカリズム『私達の恋』の放送も決定。さらに、同作と、野間口徹主演『解約ゲーム』、松岡茉優主演『カスタマイズ』がTVerで配信されることも決定した。



■キャストコメント



▼窪田正孝

何気ない日常の笑いや喜びをどう感じるかは人それぞれですが、今作は皆さんの心を少し明るく照らしきっと笑わせてくれると思います。

見てくださる方がホッコリ幸せな気持ちになってくれたらうれしいです。



▼木村文乃

私自身もとても楽しく撮影させていただきました。楽しく、そしてシュールでちょっと背中がヒヤッとするような不思議な世界に皆さんをご案内できるように精一杯頑張りましたので、ぜひ、楽しみにしてください。



▼木村多江

バカリズムさんならではの、レム睡眠からノンレム睡眠になるような…日常の中でもちょっと変化していく現実とそうではない世界の中間ような、不思議な世界を楽しんでいただきたいと思います。

私は、とても楽しくお芝居させていただくことができたので、皆さんにもこの楽しさが伝わればうれしいです。
カテゴリ