らーめん七彩飯店が「かいぶつ農園」とコラボ!新商品「秋のとうきび麺」販売中

らーめん七彩飯店が「かいぶつ農園」とコラボ!新商品「秋のとうきび麺」販売中


「圧倒的に美味しい麺」をブランドのアイデンティに掲げる「らーめん七彩飯店」では、「かいぶつ農園」の「プレミアム未来85」を使った「秋のとうきび麺」1,300円の販売を9月19日(月)より期間限定で開始した。

ファンが心待ちにするトウモロコシ商品



東京八丁堀にある「麺や七彩」をはじめとする「七彩ブランド」で、夏~秋にかけて提供するトウモロコシの商品は、毎年ファンが心待ちにする期間限定の人気メニューだ。

秋のとうきび麺



「七彩ブランド」の1つ「七彩飯店」で、「秋のとうきび麺」を販売。トウモロコシが持つ甘さも活かしつつ、ラーメンのスープとしても合うようにバランスを調整している。

同商品の麺はスープと絡みやすいように極細麺を使用。また途中で味わいを変えられるように、バター醤油コーンや玉ねぎ塩麹を別皿で提供する。

同商品は、冷製での提供を前提としているが、リクエストに応じて温製での提供も可能だという。これまで同店の「とうきび麺」を食べたことがない人にこそ、味わってほしい新メニューだ。

かいぶつ農園



2018年に元Jリーガーの土橋宏由樹氏が長野県上田市で立ち上げた「かいぶつ農園」は、アスリートたちが手掛ける農園。間違いなく美味しく、子供たちが喜んでたくさん食べたくなる野菜を作りたい&届けたいという「かいぶつ農園」の看板野菜がトウモロコシだ。

「プレミアム未来85」という品種で、糖度はなんと18度。収穫後すぐなら生のままでも食べられる抜群の美味しさ。

プレミアム未来85をプレゼント



また、「秋のとうきび麺」の販売期間中、「七彩飯店」でトウキビメニューを注文した人には、「プレミアム未来85」のトウモロコシを1本プレゼントしている。

土橋宏由樹氏



土橋宏由樹氏は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。高校卒業後、ドイツ留学を経て1998年にヴァンフォーレ甲府へ入団。

2006~07年松本山雅FC、2008~11年AC長野パルセイロに所属。2011年現役引退。2012~16年AC長野パルセイロアンバサダーに就任。2017年2月よりボアルース長野フットサルクラブのGMに就任。

2014年からは「I.D.D.WORKS」の代表取締役社長も務め、2018年からは「かいぶつプロジェクト」の一環として「かいぶつ農園」をスタート。

プロジェクトでは農園の他に、「かいぶつのたねフェスティバル」「ハッピーフットサル」「かいぶつ先生の学び舎」「かいぶつキャンプ」などの活動を通して、農畜産業、地域スポーツ振興、運動機会推進、移住定住を推進している。

期間限定の「秋のとうきび麺」を味わってみては。

■らーめん七彩飯店
住所:東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 八重洲地下2番通り
営業時間:11:00~22:00(平日のみ07:30~10:00も営業)
公式Instagram:https://www.instagram.com/731hanten/

(角谷良平)
カテゴリ