国内のこども医療センターで初、ディズニーのキャラクター壁紙が登場

国内のこども医療センターで初、ディズニーのキャラクター壁紙が登場

 神奈川県立こども医療センターの外来待合室の壁面、検査室内診察室の壁面や扉、重症心身障害児施設「ひだまり」のプレイルームなどに、ディズニーのキャラクターをあしらった壁紙が登場した。ウォルト・ディズニー・ジャパンが、認定NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」と協力し提供したもので、日本では初の試みとなる。ディズニーのキャラクターたちを通して、想像の翼を広げ、楽しさを提供し、通院や入院生活の不安の軽減に役立てたいとしている。



【画像】ディズニーキャラクターでいっぱいのこども医療センター



 この壁紙には、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズのブランドやフランチャイズの個性豊かなキャラクターが描かれているだけでなく、AR(拡張現実)も盛り込まれており、年内に提供予定のアプリを使って、ゲーム、インタラクティブな物語、アニメーションのキャラクターとの出会いなども楽しめるようになるという。



 壁紙のほかに、医師や看護師、スタッフにディズニーのキャラクターやメッセージ入りのスタッフバッジを、入院中の子どもたちに動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」への無料アクセスを提供する。



 同社代表取締役社長のキャロル・チョイ氏は「私たちは、ディズニーのストーリーやキャラクター、卓越したクリエイティビティが、病気に直面している子どもたちとその家族にポジティブな影響を与えることを信じています」とコメントしている。



 ディズニーのこうした取り組みは、創業者であるウォルト・ディズニーがディズニーのアニメーターやキャラクターを連れて入院している子どもたちを訪問して以来、受け継がれてきたもので、世界中の750以上のこども病院や小児医療施設に、ディズニーの物語やキャラクターが持つ前向きになる力を子どもたちに届けている。
カテゴリ