柄本佑が監督した3本の短編集『ippo』劇場公開決定 柄本時生も出演

柄本佑が監督した3本の短編集『ippo』劇場公開決定 柄本時生も出演

 俳優の柄本佑が、2017年から22年の間に撮った3本の短編映画をまとめた短編集『ippo』が、来年(2023年)1月7日より東京・渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開されることが決定した。



【画像】各作品の場面写真



 近年、映画にドラマに、ますます活躍の幅を広げる柄本は、21年にWOWOWの企画「アクターズ・ショート・フィルム」に参加し、短編『夜明け』(主演:森山直太朗)を監督。実はそれ以前からすでに何本もの短編を自主製作で監督していた。



 今回、劇場公開される3本は、劇団「東京乾電池」に所属し、柄本の旧知の仲であり、ユニット「曖昧なカンパニー」も主宰する劇作家・演出家の加藤一浩による演劇戯曲を原作としたもの。ユーモアと知性にあふれた加藤の戯曲に、柄本が「映画」という新たな息吹を与えた。



 この短編3本すべて、男ふたりの物語であることも特徴。『ムーンライト下落合』で久々に再会する友人ふたりを加瀬亮と宇野祥平。『約束』の兄弟を渋川清彦と柄本時生。『フランスにいる』の画家とそのモデルを原作者の加藤と高良健吾が演じている。



 スタッフには、柄本佑が主演を務めた『きみの鳥はうたえる』(18年)の四宮秀俊が、全編撮影を担当。ほかにも映画監督の三宅唱や俳優、映画監督の森岡龍らが助監督で参加している作品もある。



 俳優もスタッフも、柄本が一緒に映画を作りたい人々に声をかけ、小さなチームで丁寧に撮りあげた3本の短編たち。真面目で不思議、ユーモラスでセンチメンタル、そしてときに楽しくも不条理なその世界を、劇場のスクリーンで味わうことができる。
カテゴリ