『ミス・ワールド』日本代表に富山県出身のタレント・山口佳南さん

『ミス・ワールド』日本代表に富山県出身のタレント・山口佳南さん

 世界3大ミスコンテストの中で最も歴史が長い美の祭典『ミス・ワールド2022世界大会』出場者を決める『ミス・ワールド2022 日本大会』が22日、都内で開催され、日本代表には富山県出身のモデル・タレントの山口佳南(やまぐち・かな/24)さんが選出された。



【写真】世界大会出場決定に…思わず歓喜の涙を流した山口佳南さん



 日本代表として山口さんは来年開催予定の世界大会(開催地は未定)に出場する。



 代表に決まった瞬間、山口さんは顔をくしゃくしゃにしながら喜びをかみ締め、目には大粒の涙があふれた。スピーチでは、2020年に準ミス日本代表になったことを振り返りながら「私は、2年前の自分には世界に行く自信がなかった」と吐露。さらに「自分が自分のことを応援できるようになったタイミングで2022年に出場しようと思いました。ずっと、この瞬間を夢見て精進してきました。たくさんの方の支えがあって今の私がある。支えてくださった、たくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と感情を伝えた。



 1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われ、今年で72回目を迎える同ミスコンは「目的ある美」がスローガン。日本代表として応募総数7107人(満16歳以上28歳以下の未婚の女性)の中から選ばれた32人のファイナリストが、この日行われた選考会に集結し、“品格”“知性”“タレント性”そして“美しさ”を競う審査会を経て、日本代表が決定した。



■『ミス・ワールド2021日本大会』TOP12

・東京都出身の会社員・凜衣(りりぃ/27)さん

・新潟県出身のオーボエ奏者・藤田有理亜(ふじた・ゆりあ/26)さん

・神奈川県出身の早稲田大学4年生・廣瀬優理愛(ひろせ・ゆりあ/22)さん

・神奈川県出身の明治学院大学3年生・山中ありさ(やまなか・ありさ/20)さん

・東京都出身のモデル・河内愛稀(かわち・あいき/28)さん

・兵庫県出身の慶應義塾大学4年生・秀春菜(ひで・はるな/23)さん

・東京都出身のモデル・久保田英美里(くぼた・えみり/23)さん

・神奈川県出身の会社員・石原麻優香(いしはら・まゆか/23)さん

・大阪府出身のモデル・中村奈央(なかむら・なお/25)さん

・沖縄県出身の東京工業大学修士2年の岸本月乃(きしもと・つきの/26)さん

・東京都出身の京都大学大学院博士課程2年の冨田キアナ(とみた・きあな/26)さん

・富山県出身のモデル、タレント・山口佳南(やまぐち・かな/24)さん
カテゴリ