【超RIZIN】“レジェンド”具志堅用高「1回脚を蹴ったらどうだよ、ダメ?」メイウェザーVS朝倉未来戦にまさかの提案!?

【超RIZIN】“レジェンド”具志堅用高「1回脚を蹴ったらどうだよ、ダメ?」メイウェザーVS朝倉未来戦にまさかの提案!?

 25日に行われる『超RIZIN』(さいたまスーパーアリーナ)のメインカードのフロイド・メイウェザーVS朝倉未来戦について、ボクシングの元世界王者3人が試合展開を予想する動画が、同大会をPPV中継するABEMAのYouTubeチャンネル「ABEMA 格闘CH【公式】」で公開された。



【動画】朝倉未来、渋谷のど真ん中でメイウェザーとフェイスオフ!



 トップバッターで登場したのは、元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高。試合展開について「未来さんが倒される可能性が高い。メイウェザーは絶対に自分の距離にしかいない、自分から絶対に(前に)行かないんですよ。ヤバイと思ったらすぐにロープに行ってこう(ガードを固める)かもしれないし、相手が攻めたらカウンターを打つメイウェザーのボクシングになっていく」と予想し、「1回脚を蹴ったらどうだよ、ダメ?」と元ボクサーと思えない提案も飛び出す。



 そんなメイウェザーに勝つ方法として「自分はガードの上から打つ、顔を打とうと思ったら当たらないから。もしかしたら、ここ(ガードしている腕)にいいパンチが当たって、腕が上がらなくなるかもしれないし」と技術面のアドバイスも。「ストレートを打つのは難しいから、やっぱりクロスだろうな。これしかない。思いっきり打ち込んでいく。それで戦ってほしいな」と期待した。



 動画では、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二も登場し、ともに「パンチを恐れないで未来からガンガン攻めることで、チャンスが出る」「9分間攻め続けること」と、未来がアグレッシブに出ることで可能性がある予想した。

カテゴリ