【超RIZIN】三浦孝太「RIZINをUFCに勝る舞台にしたい」父親キングカズのサポート明かす【インタビュー】

【超RIZIN】三浦孝太「RIZINをUFCに勝る舞台にしたい」父親キングカズのサポート明かす【インタビュー】

 25日に行われる『超RIZIN』『RIZIN.38』(さいたまスーパーアリーナ)の出場選手インタビューが23日に都内で行われ、『超RIZIN』でブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(22)と対戦する三浦孝太(20)が、2日後に迫った試合への意気込みを語った。



【動画】堀口恭司、金太郎を倒すために「アグレッシブな試合に!」 <RIZIN.38 試合前インタビュー>



 サッカー・三浦知良選手の次男である孝太は、昨年大みそかの『RIZIN.33』でYUSHI相手に劇的な勝利を飾り、大きな注目を集めた。第2戦は5月開催の『RIZIN LANDMARK Vol.3』でブラジルのフェリエ“キングハンター”マソーニとの対戦が決まっていたが、直前に首の負傷により試合が中止に。7月の『RIZIN.37』で改めて対戦が決定したが、試合前日に三浦が新型コロナウイルスに感染し、再び中止となった。



 今回が三度目の正直となる2戦目に向けて、三浦は「試合が終わるまで、欠場することのないように気をつけたい」とまずは試合成立を意識する。結果的にRIZIN2戦目が、フロイド・メイウェザーが出場する大会となったことについて「素直にうれしいですし、光栄です。自分を知らない人や、タイでファンになってくれた方など、別の国のファンの方を含めて、この試合をきっかけに応援してもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。



 前回は前日での出場キャンセルだったため「精神的に落ちてしまった」と振り返るが、父のキングカズから「コロナが蔓延してから、夢や努力を潰された人はたくさんいて、オリンピックを諦めなきゃいけない人もいた。だから、ここで止まってるんじゃなくて、若い選手としてやっていくしかない」と言葉をかけられ、「家族に甘えていてはいけないけど、こういう人に心からなりたいとリスペクトできた」と家族のサポートで乗り越えた。



 今後の展望を聞かれると「RIZINという舞台を格闘技としてもエンターテインメントとしてもUFCに勝る舞台にしたい。そのために自分のできることをやっていきたい」と“RIZIN愛”を宣言。試合の日はキングカズもJ3で試合があるが「同じ日に同じポーズができたら」と親子の絆を感じさせた。



◆『The Battle Cats presents 超RIZIN/湘南美容クリニック presents RIZIN.38』

日時:9月25日(日) 前10:30開場/正午開始

※RIZIN.38は超RIZIN終了後、1時間の休憩を挟んで午後3時開始予定。イベントの進行により前後する場合あり。

会場:さいたまスーパーアリーナ

PPV:ABEMA、RIZIN STREAM PASS ほか



◆『超RIZIN』対戦カード

フロイド・メイウェザー 対 朝倉未来

皇治 対 ジジ

吉成名高 対 バンダサック・ソー・トラクンペット

三浦孝太 対 ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン



◆『RIZIN.38』対戦カード

堀口恭司 対 金太郎

伊澤星花 対 アナスタシア・スヴェッキスカ

浜崎朱加 対 パク・シウ

扇久保博正 対 キム・スーチョル

シビサイ頌真 対 カルリ・ギブレイン

萩原京平 対 鈴木千裕

大原樹理 対 ルイス・グスタボ
カテゴリ