林遣都“鈴之介”&仲野太賀“悠日”バディを待ち受ける驚がくの結末 『初恋の悪魔』最終話あらすじ

林遣都“鈴之介”&仲野太賀“悠日”バディを待ち受ける驚がくの結末 『初恋の悪魔』最終話あらすじ

 俳優の林遣都と仲野太賀がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)最終話(24日放送)のあらすじと場面写真が公開された。



【全身ショット】『初恋の悪魔』に出演する菅生新樹



 同作は、映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『Mother』『Woman』などの人気脚本家・坂元裕二氏が送る小洒落(こじゃれ)てこじれたミステリアスコメディー。境川警察署に勤務し、現在は停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(林)、総務課・馬淵悠日(仲野)、生活安全課・摘木星砂(松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(柄本佑)、部署もバラバラで捜査権を持たない“ワケあり”4人が、それぞれこじれた事情を抱えながら刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する。



■最終話あらすじ



父親・雪松(伊藤英明)の犯罪を告発した弓弦(菅生新樹)を鈴之介宅に保護し、雪松のもとへ向かう鈴之介と悠日、そしてその留守を預かる星砂と琉夏。



途中、鈴之介と悠日は琉夏からの着信履歴に気付き折り返す。しかし一向につながらない。嫌な予感がした2人は、すぐさま鈴之介宅に引き返す。到着した2人は玄関先に散らばる血痕を見つけ固まる。そのとき、ドアが開き、中にはおにぎりを頬張る弓弦が一人待ち受けていた。
カテゴリ