泉谷しげる、若い世代と作り上げた“持続可能”なロックフェス 1万人超える動員で大盛況

泉谷しげる、若い世代と作り上げた“持続可能”なロックフェス 1万人超える動員で大盛況

 シンガーソングライターで俳優の泉谷しげる(74)が発起人を務めた、持続可能な新しいロックフェス『北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits』が24日、福岡・北九州市小倉のミクニワールドスタジアム北九州で開催された。



【写真】4年前…ももクロからの“古希”祝いに大照れする泉谷しげる



 快晴に恵まれたこの日は絶好のコンサート日和となり、会場には1万550人(主催者発表)が詰めかけた。泉谷も上機嫌で「俺の目指すロックフェスは地域活性化のイベント。新しいスタイルのロックフェスを若い奴らと考え、実践する時が来た」と気勢を上げた。フェスには泉谷に賛同した森高千里やDISH//、ももいろクローバーZら9組が参加、10時間にわたってのステージを繰り広げた。



 「北九州市は環境先進都市を標榜している。SDG’s推進都市である北九州市での開催こそ意味がある」 泉谷は、北九州市でのロックフェス開催にこだわった理由をそう語った。 「エコ&クリーン、そしてSDG’s スピリッツの共有をテーマに、持続可能なロックフェスってやつを、地元の若い連中と一緒に作り上げたかった。このフェス開催を、その元年にしたい」 。



 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で冷え込んだ野外イベントやエンターテインメント業界を泉谷流に盛り上げたいという思いもあった。



 「政府は規制の緩和策を打ち出しているが、感染者は下げ止まらない。今後も終わらないだろうコロナ禍で結局、俺たちには大きな方向転換が求められているんじゃないか」と言い、その上で 「俺がSDG’sと言ったら似合わないだろうけど、今やロックスフェスは地域活性化の催し。それを山の奥深くでやっていたら動力も経費もかかる。やっぱり駅から徒歩で行けて、いざという時は近くに病院もあるところで、快適にフェスを楽しめる方がいいに決まってる。しかも、地元の若者と一緒にアイデアを出し合って理想のフェスを作り上げることこそが、実はサステナブルなフェスの実現になるんじゃないかと思っている」と理想を掲げた。



 そんな泉谷の意見を盛り込み、今回のフェスではアプリで人流を徹底管理し「入場や物販、飲食で密集や混雑、行列を作らないことは初歩の取り組みになった」と話す。



 さらに、フェスでは最大の課題となってきた「食品ロス」についても、余った調理済みの食品はフードステーションに集約し、割引販売をすることで食品の「廃棄ゼロ」を目指す取り組みもした。その他、太陽光発電を利用した「充電スポット」なども会場の各所に設置するなど「SDG’s・持続可能な社会の実現を支えるクリーンエネルギーを身近に感じてもらえる機会も提供したが、みんな地元の若い奴らのアイデアから実現した」のだという。



 泉谷の意気込みに賛同し駆けつけたのが森高千里やDISH//、ももいろクローバーZの他、175R、ゴールデンボンバー、7ORDERらだった。「私がオバさんになっても」や「気分爽快」「雨」などヒット曲を中心に歌った森高は「素晴らしいコンセプトを持ったイベントに参加で来て嬉しい」と言えばももクロも「行くぜっ!怪盗少女」や「吠える」などを歌い踊り「泉谷さんと一緒のステージに立てて良かった」と感想を語っていた。各アーティストは30分程度のステージを披露し、フィナーレでは泉谷が代表曲「春夏秋冬」を披露した。



 「これからも若いアーティスト、次の世代のアーティストと一緒にロックフェスの新しいフォーマットを作り上げていきたい」と泉谷は意欲を見せていた。
カテゴリ