『水曜どうでしょう』緊急生配信で「新作撮影済み」を発表 13万人が視聴

『水曜どうでしょう』緊急生配信で「新作撮影済み」を発表 13万人が視聴

 HTBの人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』のレギュラー放送終了してから満20年を記念した緊急生配信が25日、番組公式YouTubeチャンネルで行われ、新作ロケに出たことが発表された。放送時期は未定で、来年春以降か、早まる可能性もあるという。



【動画】どうでしょう軍団緊急集結生配信アーカイブ



 生配信は、「涙のラストランから20年…どうでしょう軍団緊急集結!」と題して実施された。出演者の大泉洋は東京から、ミスターこと鈴井貴之は北海道・赤平から、藤村忠寿・嬉野雅道両ディレクターは、4年ぶりとなる「水曜どうでしょうキャラバン2022」の開催地、茨城県鉾田市の鹿島灘海浜公園から、それぞれリモートで集結。



 午後6時過ぎに始まって10分もたたないうちに9万人以上が視聴、20分過ぎには10万人、30分過ぎには12万人、最終的に13万人を超えるという驚異の注目度だった。



 大泉は登場するなり、「BSで『鎌倉殿の13人』が放送になっているんじゃないですか? 裏かぶりしているんじゃない? (自分の)出番は終わっているからいいのか」「ひとつも集結できてない」などとツッコミ。



 20年前、レギュラー放送最後のロケとなった「原付ベトナム縦断1800キロ」の思い出話に花を咲かせ、大泉は「(当時)29歳。20代は『水曜どうでしょう』で爆笑のうちに過ぎ去った」「(ベトナムロケは)手ごたえしかなかった。カブの群れを見て武者震い。面白くなる予感しかなかった」「今日が最後だと思うと朝から泣いていた」などと振り返った。



 やがて、鈴井が「僕たち、つい2週間前に会っているんですよね」と切り出し、「『水曜どうでしょう』は動いているんですよね。コロナ禍で静かにしてましたけど、そろそろいいんじゃないかっていう空気が流れてきて。最新作、撮りました」と発表。藤村ディレクターは「いままでにない変わったものになりました」と話し、大泉は「過度な期待はしないで」と言いながら、キラーコンテンツは「滑り台」と匂わせた。



 同番組は、1996年10月10日に放送開始。2002年9月25日に6年間のレギュラー放送終了と「一生どうでしょうします」宣言を発表。宣言通り、不定期にロケ、放送を続けてきた。04年に新作第1弾「ジャングル・リベンジ」を放送。05年、第2弾「激闘!西表島」放送。07年、第3弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」放送。11年、第4弾「原付日本列島制覇 東京-紀伊半島-高知」放送。13年、第5弾「初めてのアフリカ」放送。17年に約4年ぶりのロケを行い、19年12月から第6弾「北海道で家、建てます」を放送。19年8月には「21年目のヨーロッパ21ヵ国完全制覇」のロケを行い、20年10月に放送された。



 レギュラー放送終了後も、再編集版などが各地で放送され、新作が発表&放送されるたびに全国で話題となり、イベントを開けば5万人が集結、DVD総売り上げが500万枚を突破するなどその人気は衰えを知らず、むしろ勢いを増しているほど。



 「原付ベトナム縦断1800キロ」を徹底的に再現し、さらに“使えるガイドブック”として現在のベトナムの様子も織り交ぜて構成した『水曜どうでしょう × 地球の歩き方 原付の旅「ベトナム縦断」編』や、『同 原付の旅「日本列島制覇」編』(12月2日発売)、ベトナムロケ記念Tシャツなどの“物販”の宣伝もしっかりしていた。

カテゴリ