『オオカミちゃんくん』第7話 横澤夏子、しおりの恋愛テクを絶賛「見たことないテクニックがぎゅっと詰まっている」【ネタバレあり】

『オオカミちゃんくん』第7話 横澤夏子、しおりの恋愛テクを絶賛「見たことないテクニックがぎゅっと詰まっている」【ネタバレあり】

 ABEMAの人気恋愛番組「オオカミ」シリーズ最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』(毎週日曜 後10:00)の第7話が25日に放送され、視聴者による“オオカミ投票”の途中結果が発表された。



【場面写真】デートの後…しおりに自分の思いを伝えるりお



 今シリーズは、メンバーの中に恋をしようとしない“嘘つき”オオカミちゃんが女性側に1人以上、そして“嘘つき”オオカミくんが男性側に1人以上潜み、一筋縄ではいかない男女10人の恋の駆け引きが見どころとなっている。



※以下、ネタバレあり

■しおりの“恋愛テク”を飯豊まりえ&滝沢カレンが絶賛 横澤夏子も「見たことないテクニックがぎゅっと詰まっている」



 モデルでアーティストのひびき(鈴々木響)は、第6話のラストで「太陽LINE」を使用して『Seventeen』専属モデルのしおり(加藤栞)をデートに誘った。中間告白後、しおりと向き合うと決めた『MEN'S NON-NO』専属モデルのりお(高橋璃央)も参加すると思われていたが、りおは現れず、しおりとひびきの2人きりで過ごすことになった。



 デート中、普段通りに会話を投げかけるしおりに対して、うまく返答ができず「俺、きょうは全然しゃべれない…どうしよう」とやや緊張気味のひびき。そんな空気感のまま、2人はぶどう狩りに挑戦した。途中、しおりがひびきにぶどうを食べさせてあげる一幕もあり、これにはひびきも「やばい!」と大照れ。さらに、しおりはひびきの目をまっすぐ見つめながら「ありがとう。誘ってくれて」と笑顔を見せた。



 実はこの日、ひびきが待ち合わせ場所に来る少し前に、しおりはりおと会っていた。しおりの気持ちが揺れ動いていることに気がついたりおは、ひびきとのデートよりも先に自分の思いを伝えにきたのだ。りおは、「しおりは今ちょっとずつ考えが変わっているかもしれないけど、このあとひびきとちゃんと話して、デートして。俺はアトリエで待ってる。そのときに俺の本音を伝えられたらと思ってる」と語った。



 デート終盤、ひびきが「しおりは今どういう感じなの?」と、りおとの関係について問いかけると「今一番落ちてほしくないのは、ひびき」と答えるしおり。その言葉を受けたひびきも「俺も落ちたくない。さらに落ちたくないなと思った、きょう。前まではお互いきょうだいみたいな感じだったけど、もうきょうだいみたいな関係はいい」と、しおりへの思いが変化してきたことを自分でかみしめるように呟き、2人は指切りを交わしながら、またデートすることを約束した。



 そして、ひびきとしおりのデートの後、しおりを2ショットに誘ったりおが「デートどうだった?楽しかった?」と切り出すと、しおりは「今までひびきとはお兄ちゃんと妹だったけど、それが変わってきてる」と自分の気持ちを打ち明けた。「わかるよ、なんとなく」と寂しげな表情を見せたりおは、手元にあった小さなライトで「831」の数字を作り、「俺の気持ちです」としおりに見せた。この数字は、英語圏でよく使われている隠語で「I LOVE YOU」を表現するもの。りおは、「しおりにはいろいろしてもらったから、これからは俺の番かなって思ってる。しおりにななの幸せを願ってるって言ってしまったことが、しおりに対して失礼なことだったと後悔している」と懺悔した。そんなりおに、しおりは「ありがとう」と優しく返した。ますます激化していく三角関係の行方に注目が集まる。



 また、スタジオトークでは“形勢逆転の三角関係”を繰り広げるしおりの17歳らしからぬ“恋愛テクニック”の話題に。飯豊まりえが「しおりちゃんがぶどうを食べるところ見ましたか?しっかりひびきくんに目線をロックオンしてましたよ」と切り出すと、滝沢カレンも「私だったら人の目を見て食べられないです」と反応。さらに、横澤夏子も「あのデートにしおりちゃんの今まで見たことがないテクニックがぎゅっと詰まっていた」と絶賛した。



■“オオカミ投票”途中結果にメンバーが大号泣 視聴者からも反響「泣いた」「誰も落ちないでほしい」



 TGC(東京ガールズコレクション)の本番当日、アトリエでヘアメイクを済ませ、会場に向かおうとしたメンバーは、オオカミ人形が赤い手紙を持って置かれていることに気づく。手紙には“オオカミ投票”の途中経過を発表すること、名前を呼ばれるメンバーは、現在、“オオカミ投票”で上位6人に入っていること、呼ばれる順番と順位に関係性はないことが書かれていた。名前を呼ばれたメンバーは、なな(新野尾七奈)、りお、にのん(新音)、ひびき、ももは(高鶴桃羽)、のせりん(能勢倫)の6人。この中の誰かが脱落する可能性が高いことを考えたななは「ずっと一緒にいたい。自分は落ちてもいいけど皆はやだ」と泣き出してしまう。ななにつられてほかのメンバーも涙を流すなか、全員で円陣を組み、「泣きすぎ!」「まだ誰も落ちてないから」と慰め合い、「これからTGCだよ!笑おう、楽しもう!」とお互いを励ましながら、不安な気持ちを吹き飛ばした。



 この光景に、視聴者からは「まじで誰も落ちてほしくない」「もらい泣きした、早く来週日曜きてほしいけど見るの怖い」といったコメントが寄せられた。



 TGCでは笑顔でステージを終えた10人。一方、その日の夜にはるが「月LINE」を使用したことで、再び全員に緊張が走る。このタイミングでのはるの行動に、ももはは「(ういとにのんの)どっち?月LINEはもう決めましたって宣言でしょ」と推察。そのほかのメンバーも、どっちを誘うのかと考えを語っていく中、ななはのせりんに「誰にも言っていないんだけど、ういとにのんの2人から相談を受けてる。はるがういに言っていることと、にのんに言っていることが全く違うの」と打ち明けた。はるへの疑惑が深まるなか、はたして、はるが誘うのは、ういとにのんのどちらなのか。



 第1話から第3話と第7話は「ABEMA」にて無料で配信中。
カテゴリ