真空ジェシカ“お茶の間に愛される芸人”目指した『ラヴィット!』オマージュ企画で自信「次呼ばれたときはもう大丈夫」

真空ジェシカ“お茶の間に愛される芸人”目指した『ラヴィット!』オマージュ企画で自信「次呼ばれたときはもう大丈夫」

 お笑いコンビの真空ジェシカ(ガク、川北茂澄)が23日、東京・赤坂の草月ホールでおこなわれたTBSラジオのポッドキャスト番組『真空ジェシカのラジオ父ちゃん』の番組イベント『真空ジェシカのお茶の間ーちゃん』に出演した。



【イベント写真】シュールな場面…リスナーらとパフォーマンスを披露したガク



 同イベントは、真空ジェシカが“お茶の間に愛される芸人”を目指すというもの。冒頭では、真空ジェシカがゲストとして登場した2月2日放送のTBS情報番組『ラヴィット!』を振り返った。川北が「逆ニッチェ」で登場するなど“強い笑い”を追求しすぎた結果、視聴者から「爪痕の残し方間違えてる」「真空ジェシカ、見ててきびしいかも」「自分たちがふざけて楽しいだけの芸人を地上波で見たくない」といった声が寄せられたことを受け、「もっとお茶の間に愛されたい」と考えた真空ジェシカが、お茶の前に愛されている先輩ゲストからその極意を学んでいく。



 ゲストには、なすなかにし、ママタルト、トンツカタンの森本晋太郎、ケビンス、ドンココが出演。『ラヴィット!』のオマージュ企画「ラヴィ父」などお茶の間に愛されるための企画のほか、大鶴肥満のサックスとガクのヴェノーヴァによるセッションを実施した。番組内で行われたオーディションで合格したリスナーらとパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。



 中西茂樹は真空ジェシカに、愛されるコツとして「ちょっと我慢できるようになることちゃう?」とアドバイス。「『ラヴィ父』を行いまして、お茶の間に愛される要素を手に入れたということで」と断言するガクに、森本は「大丈夫ですかね?」と不安げな表情を見せたが、川北は「何となくわかりました。次呼ばれたときはもう大丈夫」と満足そうだった。はたして、お茶の間に愛される芸人になれたのか。



 同イベントは配信もあり、配信チケットは10月2日の午後9時まで発売。同日中は視聴することができる。



会場:草月ホール

日時:9月23日(金)開場:18:00 開演:19:00



〈価格〉

・配信チケット:2,000円(税込) 



〈販売・視聴期間〉

・販売期間:8月13日(土)10:00~10月2日(日)21:00

・視聴期間:9月23日(金)19:00~10月2日(日)23:59

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2217881
カテゴリ