国本梨紗『プレミアの巣窟』小島瑠璃子の後任に意気込み 共演のキャイ~ン天野は「300点満点」

国本梨紗『プレミアの巣窟』小島瑠璃子の後任に意気込み 共演のキャイ~ン天野は「300点満点」

 フジテレビ日曜深夜のイベント情報バラエティー『プレミアの巣窟』(毎週日曜 深1:55 ※関東ローカル)の新メンバーとして、タレント・俳優の国本梨紗(19)が仲間入りする。番組を卒業した小島瑠璃子の後任としてキャイ~ン・天野ひろゆきとタッグを組み、10月2日の放送回(深2:20~)に初登場する。



【写真】おちゃめな表情の国本梨紗



 国本は「『プレミアの巣窟』の出演依頼を聞いて、めちゃくちゃうれしかったんですが、5秒後くらいに“こじるりさんの後に私で大丈夫かな?”ってすごく緊張したと同時に不安になりました」と明かす。



 このほど行われた初回収録では「きょうのロケは、なんとか天野さんに食らいついていかなければと、目はバッキバッキになって、いい汗もかいてました!」と奮闘。「イメージ通り本当に優しい方でした」と天野への信頼を深め、「舞台や展覧会などに行く機会が今まであまり無かったので、これからたくさんのアートに触れて、いろいろな経験と知識を蓄えて、うまくイベントを紹介できるよう頑張ります!」と張り切る。



 対して天野は「国本梨紗さんの情報は、特に事前に入れずに自然体で収録に臨みました」と初共演を振り返り、「アミューズ所属のタレントさんということで、女優さんなのかなと勝手に思っていたのですが、“ド”バラエティータレントでした」とぶっちゃけ。そのポテンシャルを「300点満点」と高く評価し、「『プレミアの巣窟』にフレッシュな逸材が入ってきました!皆さん“くにりさ”をよろしくお願いいたします」と呼びかける。



■天野ひろゆき(キャイ~ン)コメント

「国本梨紗さんの情報は、特に事前に入れずに自然体で収録に臨みました。アミューズ所属のタレントさんということで、女優さんなのかなと勝手に思っていたのですが、“ド”バラエティータレントでした。第一印象は清楚(せいそ)で可憐(かれん)なお嬢様という感じだったんですが、破壊力があって、点数付けるなら300点満点くらい!初回のロケなんて、あんまり自分を出せなかったり、逆にかかり気味になっちゃったりするのに、ほどよく“いい加減”で自分のキャラクターも出せて、ちゃんと進行の仕事も出来るなんてスゴい。『プレミアの巣窟』にフレッシュな逸材が入ってきました!皆さん“くにりさ”をよろしくお願いいたします」



■国本梨紗 コメント

「『プレミアの巣窟』の出演依頼を聞いて、めちゃくちゃうれしかったんですが、5秒後くらいに“こじるりさんの後に私で大丈夫かな?”ってすごく緊張したと同時に不安になりました。きょうのロケは、なんとか天野さんに食らいついていかなければと、目はバッキバッキになって、いい汗もかいてました!実は、母が大学時代に学園祭でキャイ~ンのお二人にお会いしたことがあって、天野さんはすごく優しい方だったと聞いていました。話に詰まった時にアシストしていただいたりと、イメージ通り本当に優しい方でした。舞台や展覧会などに行く機会が今まであまり無かったので、これからたくさんのアートに触れて、いろいろな経験と知識を蓄えて、うまくイベントを紹介できるよう頑張ります!でもやっぱり、きょう気付いた一番の発見は、天野さんのメガネにレンズが入ってなかったことです(笑)」



■企画:塩原充顕(フジテレビ 事業推進部)コメント

「小島瑠璃子さんが番組に初出演したのは当時まだ19歳だった頃で、国本梨紗さんも現在19歳。番組を通じて様々なイベントに触れていただき、19歳の国本さんならではの感性でイベントの魅力を表現してほしいと思っています。スタッフ一同、期待と不安を抱きながら初回のロケ収録を迎えましたが、収録後、不安は一切無くなりました。天野さんとの呼吸もバッチリで、ポテンシャルは“こじるり級”です。今後の“くにりさ”の成長に注目です」
カテゴリ