水川あさみ、榮倉奈々らが語る“さまざまな愛の形” 『モダンラブ・東京』インタビュー映像

水川あさみ、榮倉奈々らが語る“さまざまな愛の形” 『モダンラブ・東京』インタビュー映像

 Prime Videoで10月21日より世界同時配信となる、Amazon Original ドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』の出演者が、現代のさまざまな愛の形を描いた作品の魅力を語るインタビュー映像が解禁となった。



【画像】各エピソードの場面写真



 水川あさみ(第1話「息子の授乳、そしていくつかの不満」高田真莉役)、榮倉奈々(第2話「私が既婚男性と寝て学んだこと」佐藤加奈役)、伊藤蘭(第3話「最悪のデートが最高になったわけ」倉田奈津子役)、成田凌(第4話「冬眠中のボクの妻」塩田健吾役)、夏帆(第4話「冬眠中のボクの妻」塩田麻衣役)、永作博美(第5話「彼を信じていた13日間」篠原桃子役)、ナオミ・スコット(第6話「彼は私に最後のレッスンをとっておいた」エマ役)が、各話ごとに感動・共感・励ましなど、人によって捉え方が違う作品の魅力を語っていく。



 同作は、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたコラムを基に、2019年にアメリカで制作され、さまざまな愛をテーマにした一話完結型のオムニバスドラマ『モダンラブ』の日本版。



 オリジナルのファンだという榮倉は「答えを出してくれる作品ではなく、こちらに質問を投げかけてくれていろいろと考えさせてくれる、とても視聴者を信頼してくれる温かさがある作品です」とコメント。スコットも「幸せな物語が短い尺の中に描かれていて、楽しさと愛おしさと感動が詰まっています」と、その魅力を指摘する。



 日本版では、オリジナルの魅力はそのままに、現代の東京を舞台にした、7つの物語(6つの実写作品と1つのアニメーション作品)の中でさまざまな愛の形が描かれる。水川は「愛は、その重さも表現も人によって違います。第1話では、真莉自身が成長してゆく過程で、彼女が見つけてゆく愛の形が変わっていくんです」と語り、主人公の成長と共に、新たな愛の発見があることを明かす。成田は「生きてたら大変なことがたくさんあります。その中で、家に帰ってきたときにちょっとした癒しになればいいなと思いながらお芝居していました」と作品に込めた思いを語っている。



 成田と共演した夏帆は「自分の日常の中で、側にいてくれる大切な人だったり、当たり前すぎて見過ごしてしてしまうような小さな幸せも、自分の側にはこんなにたくさんすてきなことがあったんだなと気づかせてくれる作品です」と、日常にある小さな“愛”が丁寧に描かれている点をアピール。



 永作と伊藤は、「日本の名監督の作品が世界に向けて配信されることがすごい。日本の良さを知ってほしいと思います」(永作)、「いくつになっても新しい世界を知ることで世界が広がります。臆することなくチャレンジすることで楽しい人生になるのではないでしょうか」(伊藤)とそれぞれ語っている。
カテゴリ