横浜流星&清原果耶がべた褒め合戦「役者としてリスペクト」「背中が何倍も大きく見えた」

横浜流星&清原果耶がべた褒め合戦「役者としてリスペクト」「背中が何倍も大きく見えた」

 俳優の横浜流星、清原果耶が27日、都内で行われた映画『線は、僕を描く』(10月21日公開)の完成報告会見に出席した。



【全身ショット】”美デコルテ”披露のブラックドレス姿で登場した清原果耶



 同映画は、2020年「本屋大賞」3位、19年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した、砥上裕將(とがみ・ひろまさ)の同名小説(講談社文庫)が原作。大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で、白と黒のみで表現された水墨画と運命の出会いを果たし、水墨画の巨匠・篠田湖山のもとで学び始め、その世界に魅了され、その才能を開花させていく。



 清原との共演が「3年ぶり」と語る横浜は、改めて印象を問われると「年齢は僕より下ですけど、役者としてリスペクトしています。(3年前より)また心が大きくなったといいますか、たくましく成長された彼女を見て、刺激をたくさんもらいました」と賛辞を送った。



 その言葉に照れ笑いを浮かべた清原は「この数年でたくさんの経験を積まれて、あのころより背中が何倍も大きく見えました。現場を引っ張って行く感じとかがすごかったです」と返し、べた褒め合戦を繰り広げていた。



 会見にはそのほか、細田佳央太、江口洋介、三浦友和、小泉徳宏監督が出席した。
カテゴリ