【ANN55周年連載Vol.5】乃木坂46・久保史緒里×舟崎彩乃D対談(後編) リスナーとのかけあいで知った“ラジオの楽しさ”

【ANN55周年連載Vol.5】乃木坂46・久保史緒里×舟崎彩乃D対談(後編) リスナーとのかけあいで知った“ラジオの楽しさ”

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。



【写真】舟崎Dと“お絵描きしりとり”を行う久保史緒里



 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の今を紹介する連載企画をスタート。第5弾となる今回は、2月から『ANN』水曜パーソナリティーを務めている乃木坂46・久保史緒里。第3回は、久保と舟崎彩乃ディレクターとの対談後編を伝える。



■久保史緒里が『ANN』チームに思いを告白 2代目レギュラー初回に撮った写真は“宝物”



 久保にとって『ANN』という“ホーム”が増えたことは、非常に大きなものとなっており「私は人と話すことはすごく好きなのですが、それと同時に人見知りなんです(笑)。そういう意味で、あまり人と積極的にコミュニケーションを取ってこられなかったのですが、ラジオを始めたことで、目の前にいなくても、メールなどを通して、全国にいらっしゃる方とコミュニケーションが取れるようになりました」と明かした上で、次のように言葉を紡いだ。



【久保史緒里】私が放送で言ったことに対して、数分後にはメールなどでレスポンスが返ってくるので、本当に会話をしているような気持ちで、すごく楽しいです。『ANN』がラジオ初レギュラーということもあって、ラジオの楽しさってこういうことなんだなって、よく知ることができました。



 密着取材でも感じたことだが、舟崎Dはブースの外にいながら、久保のトークにしっかりとリアクションを取りながら、番組を進行している。「私の場合、ガラス越しに久保さんがいるので、久保さんが話しやすいようなリアクションを取ったり、こういうことを話してほしいなという時に、インカムに指示を出したりということをやっています。久保さんがこういうことを話したら面白いだろうなとか、考えながら、チームプレーでやっています」と明かす。そんな『ANN』チームへの思いを聞いてみた。



【久保】(照れながら)本当に好きです(笑)。



【舟崎D】ありがとうございます(笑)。



【久保】『ANN』レギュラー初回に、写真を撮ろうという流れになりまして、私は緊張しながら、みなさんとぎこちない写真を撮ったのですが、私はそれがすごくうれしくて。私は2代目で、すでに出来上がっている“家族”に入っていくという立場なので、その不安が一番大きかったんです。ゲストとして出演した際にも、そのチーム感を知っていたからこそ、私がその中に入ることが想像できなくて。でも、みなさんやさしくて、本当に楽しくて…。極論すれば、つらいことや嫌なことがあったとしても「水曜日になったら『ANN』があって、みなさんに会えて、野球のことも話せるし、いつも通りにいてくださる」と思えるくらいの感覚です。そこにすごく助けられています。



【舟崎D】うれしいねぇー。すみません、ちゃんとインタビューになっていますか(笑)?



【久保】ここまで話すことがないので、私も照れちゃって(笑)。



■“鷲尾ちゃん”のゴールは始球式! これからも「近い距離のラジオであれたら」



 東北楽天ゴールデンイーグルスのことを熱弁する「鷲尾ちゃん」も、久保同様に愛されているキャラクターだ。久保が「いつか、鷲尾史保ちゃんが始球式をやるまでいきたいですね!まだ、誰も会ったことがないので、始球式で初めて姿を現すっていうのも面白いなと思っています」と意欲を見せると、舟崎Dも「それいいじゃん!」と盛り上がる。



【久保】鷲尾ちゃんが始球式をすることになったら…さすがにストライクは取ると思います(笑)。仕事の合間を縫って、いくらでも練習すると思います!プロデューサー・久保の夢として、鷲尾を始球式のマウンドに立たせたい!それが私の夢です(笑)。ここは、太字でお願いします(笑)!



 番組内では、野球の話をすることも多いが、その影響を感じることもあるようで「野球ファンの方が、私のファンになってくださることが増えました!私のファンの方も『今まで野球ファンって言ってなかったけど、実は〇〇のファンなんだよね』と言ってくださることもあるので、私自身も楽しくなりました。野球の輪をどんどんつなげていきたいです。ソフトバンクとオリックスのファンができれば、乃木坂46でパ・リーグの部活ができるので、ファンのメンバー募集中です!」と声を弾ませる。



 【久保】楽天ファンのサラリーマンの方が、球場でこの番組のことを話してくださっていたというメールが、今でも印象に残っています。すごくうれしかったですね。私のことを知らない方でも、野球を通して、乃木坂46を知ってくださっている方が増えたのではないかなと思えるようになりました。



 最後に、これから番組でやってみたい企画について聞いてみた。



【舟崎D】リスナーさんと関われるようなイベントなのか、どういう形かはわからないですが、こういう時代だからこそやりたいですね。リスナーさんの顔を見ることが、ますますいいなと思うようになりました。



【久保】ぜひやりたいです!この番組を始める時に、自分がこういう人間だという話をしっかりしまして、そこからいろいろなコーナーが立ち上がりまして。たぶん、もうちょっとやっていくうちに、自分でも気づいていない、こういう人間だという部分が明らかになるのかなと思うので、そこから新しいコーナーが生まれたらいいなと。同期がいると、ひとりのときとでまた違うので、同期ともやってみたいです!



自分自身としては、このラジオをやっている時は、もちろん『乃木坂46のオールナイトニッポン』ではあるのですが、よりみなさんに近いところにいたいといいますか。私自身、自分のことをすごく人間らしい人間だと考えているので、疲れた時はソファーで寝ちゃいますし、家に帰って、ご飯を食べながら野球を見ることが至福の時間なので。そういった、普段は出していない、プライベートな部分を公開できる場でもあるので、リスナーの方と親交を深める時間でもありたいですし、みなさんも私も自分をさらけ出せる場所であれたらと思うので、これからも近い距離のラジオであれたらなと思っています。



【久保史緒里】

2016年9月、乃木坂46 第3期メンバーオーディションに合格。乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」で、初福神として初選抜入り。21年には、テレビドラマの初主演や、初の単独舞台出演を果たし、幅広く活動している。また、東北楽天ゴールデンイーグルスの始球式を務めるなど、地元・宮城でも活躍中。22年2月からは、『オールナイトニッポン』の水曜パーソナリティーを担当している。
カテゴリ