清野菜名、映画『耳をすませば』2年半越しのクランクアップに涙「雫ちゃんがずっと頭のどこかにいた」

清野菜名、映画『耳をすませば』2年半越しのクランクアップに涙「雫ちゃんがずっと頭のどこかにいた」

 俳優の清野菜名(27)、松坂桃李(33)が28日、東京・イタリア文化会館で行われた実写映画『耳をすませば』(10月14日公開)ジャパンプレミアイベントに登場した。



【動画】清野菜名&松坂桃李ら実写版『耳をすませば』キャスト集結!



 本作では、1989年に少女まんが雑誌『りぼん』で連載された原作や1995年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画で描かれた中学生時代の物語のみならず、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が描かれる。大人になった月島雫を清野、天沢聖司を松坂が演じる。



 2020年に撮影がスタートし、コロナ禍の撮影中止もあり2年半をかけて公開となった本作に「ようやくみなさんに見ていただける日を迎えられて、スタッフのみなさんと、楽しみに待ってくださったファンの方々に感謝でいっぱいです」と喜びを伝えた。



 松坂も「本当に時間がかかりました…。大河ドラマ二本分の思いが詰まっています(笑)。きょうは最後まで楽しんでいってください!」とジョークを交え、公開への思いを語った。



 今年5月にクランクアップを迎えた際には、感極まって涙があふれてしまったという清野。「『耳をすませば』の撮影が止まってしまった間にも、ほかの撮影をしていたときもあったんですが、雫ちゃんがずっと頭のどこかにいた2年半でした。スタッフのみなさんもお忙しい方ばかりだったんですが、撮影当初と同じみなさんが集まってくれて、現場のあたたかさにとても感動しました」と本作への特別な思いを明かした。



 最後に清野は「2年半の思いがギュッと詰まった作品になっています!原作をリスペクトした青春シーンもたくさん散りばめられているので、ぜひキュンキュンしながら見てください!」と見どころを語り、魅力を伝えた。



 イベントにはそのほか、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、平川雄一朗監督も登場した。

カテゴリ