世界に「日本の音楽×Web3」の啓蒙を目的とするDAO「Endonuts」が活動を開始

世界に「日本の音楽×Web3」の啓蒙を目的とするDAO「Endonuts」が活動を開始


アート系、ファッション系などさまざまな業界にサービスを広げるWEB3。音楽業界でもさまざまな世界的アーティストが参画しているが、今回、世界に「日本の音楽×Web3」の啓蒙を目的とするDAO「Endonuts(エンドーナツ)」が活動を開始する。

数量限定の音楽NFTを発売



DAO「Endonuts」は来年にかけて世界中のアーティストとイベントやさまざまな企画を通して音楽×WEB3のプロジェクトをすすめることが決定しており、この度、第一弾プロジェクトとしてアニソンシンガー・黒崎真音とのコラボレーションした作品「HIKARI」を発表。世界に一つだけのデジタルアイテムで楽しめる音楽NFTとして、1000個の数量限定でこの秋に発売する。

ZUMAがタイポグラフィの一部を担当



音楽NFT「HIKARI」は、様々なパーツを幾通りもの組み合わせ作り出す「ジェネラティブデザイン」を用いている。今回黒崎真音は歌唱のみならず、デジタルアイテムのデザインにも携わっており、ファンは世界でたった1つのデジタルミュージックプレイヤーでアーティストの作品を再生できる設計となっている。

また今回「HIKARI」の作品キービジュアルが発表されているが、ここにはサイバーパンクの世界観が取り入れられており、未来の音楽を表現するものになっている。またビジュアル内のタイポグラフィの一部を『廻廻奇譚』アニメMVのリリックデザインなどで国内外でも評価の高いZUMAが担当している。

限定アクセスキーとしての機能も


同NFTは日本のみならず世界中で購入可能。今後はこのNFTを持っているファンだけが将来的に体験できるコンテンツの世界にアクセスできるようなことも計画されている。EndonutsプロジェクトがNFTのみならずバーチャルライブやメタバースなどの形で今後どのようにミュージシャンのクリエイターエコノミーの創出に寄り添うのかにも期待が高まる。

クリエイターの布陣



これまで『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』『とある魔術の禁書目録II』『薄桜鬼 黎明録 〜早春語り〜』などさまざまな作品のOP・EDを担当、海外でも影響力の高いアニソンシンガー・黒崎真音を主軸に据える本楽曲には日本のアニソンにおけるトップ音楽制作チームが集っており、「ソードアート・オンライン」シリーズ、「Fate/Grand Order」、「かぐや様は告らせたい」シリーズ等の音楽制作などに携わる西田圭稀、またアニメ『くノ一ツバキの胸の内』のED作編曲を行った赤山コウやメディアミックス作品として高く展開された「アサルトリリィ」の作詞などをおこなった安藤紗々らが名を連ねる。

発売日の詳細や購入方法などの詳細は今後「Endonuts」のTwitterなどで更新。気になる人はチェックしてみて。

Endonuts twitter:https://twitter.com/EndonutsDao
HIKARI HP:https://hikarimeta.xyz/

(山川温)
カテゴリ