宅配ロッカーシステム「Quist」がスギ薬局の「お薬受取ロッカー」として拡大展開

宅配ロッカーシステム「Quist」がスギ薬局の「お薬受取ロッカー」として拡大展開


FUJIが展開する、宅配ロッカーシステム「Quist(クイスト)」は、スギ薬局の「お薬受取ロッカー」として3店舗で導入している。この「Quist」を、2023年2月までにスギ薬局100店舗への導入を目指し、設置を拡大していく。

各店舗の規模や要望に合わせ3タイプが採用


FUJIはコロナ禍による非対面・非接触へのソリューションとして、また小売業界で急速に広がるBOPIS(ボピス、Buy Online Pick-up In Store)へのソリューションとして「Quist」を展開しているが、同サービスは調剤薬受け取りシステムとしても活用されている。


「お薬受取ロッカー」は調剤薬受け取りの利便性向上のため、服薬指導後の調剤薬が店舗の営業時間中いつでも受け取り可能なサービスとして、一部店舗にて展開していた。

今回の拡大展開では、各店舗の規模や要望に合わせ「標準サイズ×常温」「標準サイズ×冷蔵」「小型サイズ×常温」の3タイプが採用された。

Quistの特長


Quistは、QRコードを利用したシンプル・スマートな薬の入庫・受取を可能とするロッカーシステム。「お薬受取ロッカー」用伝票発行システムをオプションにて準備している。

常温ユニットは、全天候型として、IPX4の防水規格を満たし、屋外設置にも対応となっている。また、-20℃~+15℃で温度制御可能な冷蔵・冷凍ユニット(※)もラインナップする。また、顔認証機能もオプションにて実装可能だ。

服薬指導済みの調剤薬を、店舗の営業時間中いつでも受け取ることができる「Quist」に注目してみて。

※ 冷蔵・冷凍ユニットは、Quistに連結可能な「ホシザキ」の製品。

(江崎貴子)
カテゴリ