三遊亭円楽さん、肺がんのため死去 72歳 所属事務所「今はまだ悲しみに向き合うこともできず」

三遊亭円楽さん、肺がんのため死去 72歳 所属事務所「今はまだ悲しみに向き合うこともできず」

 日本テレビ系お笑い番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)などで活躍した落語家の三遊亭円楽さんが、9月30日に死去した。72歳。同日所属事務所が公式サイトを通じて報告した。



【画像】車いすに乗り報道陣からの質問に答える三遊亭円楽さん



 書面では「弊社所属の落語家・三遊亭円楽が、9月30日に肺がんのため死去いたしました。ここに謹んでご報告申し上げます」と伝え「8月下旬の入院以降、肺炎は軽快し、肺がんの治療を再開した矢先のことでした。遺族、関係者一同、大変急なことで、今はまだ悲しみに向き合うこともできず、対応に追われております」と記した。



 続けて「葬儀は近親者のみで行わせていただき、後日、お別れの会を催す予定でございます。関係者のみなさまへは、改めてご案内申し上げます」とした。



 今年1月25日に脳梗塞のため入院した円楽さんは、5月20日に退院していたが、7月放送の『笑点』にVTR出演。今年8月11日は、高座復帰を果たしたが、同27日には、軽度の肺炎のため入院していた。



 円楽さんは、1950年2月8日生まれ、東京・墨田区出身。円楽一門会所属。三遊亭楽太郎として『笑点』などで人気を博す。2010年3月1日、6代目三遊亭円楽を襲名した。2018年に肺がん、2019年に脳腫瘍、2020年には肺がんの再発と初期の大腸がんが見つかり、そして脳梗塞と闘った。
カテゴリ