合唱日本一を決める『Nコン』全国コン生放送日程決定 中学校の部ゲストはDISH//

合唱日本一を決める『Nコン』全国コン生放送日程決定 中学校の部ゲストはDISH//

 昭和7年に始まり、今年で89回目を迎える『NHK全国学校音楽コンクール』通称『Nコン』の全国コンクールが、10月8日から3日間、3年ぶりに東京・NHKホールからEテレで生放送されることが決定した。



【写真】全国コンクール高校&小学校の部 ゲスト司会は上白石萌歌



 『Nコン』は合唱日本一を決める国内最大規模の教育イベント。新型コロナウイルス感染拡大により2020年度は中止、21年度は不織布マスクを着用し、距離をとって歌唱する対策が取られた。今年は全国の予選を勝ち抜いた、小学校、中学校、高等学校各部門11組ずつの代表校が、3年ぶりにNHKホールに集結する。



 10月8日は高等学校の部(後1:00~4:20)を放送。課題曲は小説家・住野よる氏が作詞、松本望氏が作曲した「無音が聴こえる」。ゲスト司会は、連続テレビ小説『ちむどんどん』歌子役などで活躍する俳優・上白石萌歌。リポーターとして、お笑いコンビ・ぺこぱが会場を盛り上げ、司会は浅野里香アナウンサーが務める。



 番組後半のスペシャルステージでは、「教えて!合唱部あるある」企画や、たった3人でNコンに挑んだ大阪の高校のドキュメント、さらに参加校の代表生徒がスペシャル合唱団を結成し、「翼をください」を大合唱する。



 10月9日は小学校の部(後2:00~4:50)を放送する。課題曲は日本を代表する詩人・谷川俊太郎氏が作詞、新実徳英氏が作曲した「とどいてますか」。ゲスト司会は高等学校の部に引き続き、上白石萌歌が務める。



 スペシャル・ステージでは課題曲の歌詞を朗読するコーナーや、からだを楽器にするボディパーカッションに会場全体で挑戦し、課題曲を演奏する。スペシャルゲストは日本廃品打楽器協会の山口とも氏と打楽器グループ「ティコボ」、ピアニストの黒田京子氏。NHK東京児童合唱団の子どもたちも登場し、日用品などを使った楽器の演奏とコラボ。客席もボディパーカッションで参加し、Nコン2022スペシャル・バージョンの演奏を届ける。



 10月10日は中学校の部(後1:05~4:00)を放送。課題曲は、ロックバンドDISH//が制作した「Replay」。作詞を担当した北村匠海らメンバー4人がNHKホールに登場し、合唱日本一が決まる全国コンクールの様子を見届ける。お笑いコンビ・ティモンディがリポーターを務め、会場を盛り上げる。



 スペシャル・ステージでは、全国各地の中学校合唱部のおもしろ練習を紹介する企画や、DISH//との「Nコン2022スペシャルライブ」も届ける。
カテゴリ