阿部サダヲ初MC、早口で質問攻め イジられた宮沢りえ一喝「あとで裏来い!」

阿部サダヲ初MC、早口で質問攻め イジられた宮沢りえ一喝「あとで裏来い!」

 俳優の阿部サダヲ、満島ひかり、松下洸平、坪倉由幸、宮沢りえ、水田伸生監督が30日、都内で行われた映画『アイ・アム まきもと』初日舞台あいさつに登場した。



【写真】大胆に二の腕!美ボディ強調の宮沢りえ



 同作の主人公・牧本は“おみおくり係(=1人で亡くなった人を埋葬する)”として小さな市役所で働いているが、全く空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な存在。そんな牧本の“亡くなった人の思い”に思いを寄せる無垢だけどちょっと迷惑な気持ちが、人と人を繋ぎ、やがてもたらす奇跡をユーモラスに描く迷惑系ヒューマンストーリー。ちょっと頑固で迷惑な男・牧本壮を阿部が演じている。



 この日は“ちょっと迷惑な男”に翻弄される映画内容にちなみ、阿部が人生初MCに挑戦し、登壇者にさまざまな質問することになった。



 満島に阿部は「どうですか?ね~?僕と共演していかがでしたか? おいくつですか?」と軽い感じで質問。満島は「いい感じでした!阿部さんは面白いし、実態が見えないし、どういう生物かわからなかった。お話してみると温かくて、一緒にいて楽しくて、好きな俳優さんでした」と絶賛すると、「そんなこと言ってくれると…もう少しお話しましょうか?」と照れていた。



 その後、松下に「次は僕とどういう役で共演したいですか?」と適当なトーンで問うと、松下は「なんでそんな早口でガツガツくる(質問するの)ですか?」と苦笑い。宮沢を「まず起きたら何をするんですか? (髪の毛)短くしたんですね? すごい似合っている」とイジると、宮沢は「ボブにしたくて…」とタジタジ。



 これに阿部は「元祖ボブ!ふふふ、あとでこれは怒られるんですか?ごめんなさい」とニヤニヤすると、宮沢は「あとでちょっと裏来い!」と一喝した。
カテゴリ