『SSFF & ASIA』秋の国際短編映画祭を開催 千葉雄大監督×伊藤沙莉タッグの作品も上映へ

『SSFF & ASIA』秋の国際短編映画祭を開催 千葉雄大監督×伊藤沙莉タッグの作品も上映へ

 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』が、東京国際映画祭提携企画となる『秋の国際短編映画祭』を開催することが決定した。10月21日~23日まで東京写真美術館にて、9月29日~10月23日までオンライ会場でそれぞれ行われる。



【写真】セレモニーに登壇したホッピービバレッジ・石渡美奈社長、小川紗良など



 6月に開催の『第24回SSFF&ASIA』に世界126の国と地域から集まった5720点の中から、秋の国際短編映画祭では来年のオスカー候補となる可能性を秘めた、世界で唯一のジョージ・ルーカスの名を冠したグランプリ受賞作品『天空の孤高』(レバノン/フランス)を含む、各賞を受賞したベスト・オブ・ベストのショートフィルムを一堂に上映・配信。



 なお、国内の映画祭では初の取り組みとして、映画祭オンライン会場およびリアル会場にて、各限定先着1万人に『SSFF & ASIA』25周年を記念した特別NFTをプレゼント配布する。このNFTは、来年25周年を迎える映画祭の特別イベントへの参加パスポートになる。



 注目の上映・配信ラインナップには、映画祭期間中もっとも視聴者数の多かった作品としてMost Viewed Awardを受賞、フランスの名優ドニ・ラヴァン(ポンヌフの恋人)が主演の『演説』や、千葉雄大監督×伊藤沙莉のタッグが光るベストアクターアワード受賞作品『あんた』、ハロウィンの10月に因んだホラー特別招待作品として、アマンダ・サイフリッド(マンマ・ミーア)主演『スキン・アンド・ボーン』、ティモシー・シャラメが8歳の時に出演した『ブッチャーヒル:甘い罠』の日本初公開作品も。



 また、『東京国際映画祭2022』のコンペティションに最新作『エゴイスト』が入選している注目の日本人監督、松永大司監督にも光をあて、『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-カナリア』(TAKAHIRO主演)、『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project- On The Way』(今市隆二主演)を上映する。
カテゴリ