日本初!世界の「ココイチ」を体験できる逆輸入店舗が、京橋エドグランにオープン

日本初!世界の「ココイチ」を体験できる逆輸入店舗が、京橋エドグランにオープン


壱番屋は、“海外ココイチの逆輸入”をコンセプトに、日本で初めて海外のメニューを提供する店舗として「CURRY HOUSE CoCoICHIBANYA WORLD 京橋エドグラン店」を10月11日(火)にオープンする。

海外ココイチで大人気の「オムカレー」を提供!



「CURRY HOUSE CoCoICHIBANYA WORLD 京橋エドグラン店」は、海外で人気の高い多彩なトッピングの「オムカレー」など、日本にはないメニューを取り揃えているのが特徴だ。

[caption id="attachment_765581" align="aligncenter"]マッケンチーズオムカレー 1,150円(税込)[/caption]

ココイチが海外展開を始めた当時、「ジャパニーズカレー」は海外の多くの人々にとっては見たこともないメニューだったという。現地の人に知ってもらい、リピートしてもらえるようになったきっかけが、ココイチ流の「オムカレー」だった。以来、海外の多くの国で「オムカレー」はベストカレーと好評を博し、世界中で大人気のメニューとなった。

[caption id="attachment_765582" align="aligncenter"]トマトとあさりのオムカレー 1,180円(税込)[/caption]

「オムカレー」は、色合いだけでなく、多彩なトッピングとの相性も良く、定番のカツ類に加えてチキンクリームソースなどと組み合わせても美味しく食べられる。京橋エドグラン店でも、フレッシュきのこやマッケンチーズと組み合わせるなど、海外でしか味わえなかったメニューを提供する。

日本でここだけ!海外店舗専用カレーソースを採用


同店では日本でおなじみのトッピングも用意しているが、ベースとなるカレーソースは、多くの国で使用されている、ポークでもビーフでもない海外専用ソースだ。日本と海外のメニューで最大の違いは、このカレーソースにある。同社の佐賀工場で製造し、世界各国に輸出しているこのカレーソースは、海外の食習慣に配慮して食肉由来の原材料を使用しておらず、国内では京橋エドグラン店だけで提供する。

内外装も海外店舗仕様に



さらに同店では、内外装も海外仕様に。いつもの「ココイチ」とは異なる雰囲気で食事が楽しめる。


海外ではカジュアルなレストランとして、誕生日や記念日などの集まりにも利用されるなど、ハレの場としても使われている「ココイチ」。京橋エドグラン店でも海外流のデザインを取り入れ、内装はスパイスカラーをベースに、明るい色のタイルや墨色の床材などでまとめた。また、店名には「WORLD」の文字を加え、他のココイチとは異なる店舗であることを示している。

制服も海外店舗を参考に、内外装に合わせた、落ち着いた紺色を選定。腕には地球をイメージしたワッペンで「世界に広がる」イメージを、胸元に日本を象徴する「サクラ柄」をあしらい、日本から飛び出した「ココイチ」が世界で進化して戻ってきたイメージを表現している。

「未来のジャパニーズカレー」の可能性を追求


「ココイチ」は、創業当時から「選べるライス量・辛さ・トッピング」など、美味しいカレーライスと感動を届ける努力と工夫を重ねてきた。世界に「ジャパニーズカレー」を広げる段階でもさまざまな進化を遂げ、2022年は海外出店200店舗を達成している。

京橋エドグラン店は、世界の「ココイチ」を日本でも体験できる店舗として、そして「未来のジャパニーズカレー」の可能性を広げるためのチャレンジ店舗としてオープンする。世界中の人々に愛される「ココイチ」であり続けるため、この店舗を起点に、さらに期待を超える新しいサービス・商品を生み出していくという。

「ココイチ」の新たな魅力を発見できる「CURRY HOUSE CoCoICHIBANYA WORLD 京橋エドグラン店」に足を運んでみて!

■CURRY HOUSE CoCoICHIBANYA WORLD 京橋エドグラン店
住所:東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグランB1 東京メトロ「京橋」駅直結
営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
URL:https://tenpo.ichibanya.co.jp/map/3106

(min)
カテゴリ