林家三平、三遊亭円楽さんを追悼「悲しみで、言葉が見つかりません」 『笑点』大喜利で共演

林家三平、三遊亭円楽さんを追悼「悲しみで、言葉が見つかりません」 『笑点』大喜利で共演

 落語家の林家三平が9月30日、自身のツイッターを更新。日本テレビ系『笑点』の大喜利コーナーで共演していた、落語家の三遊亭円楽さん(享年72)が同日に肺がんのため亡くなったことを受けて追悼コメントを寄せた。



【画像】車いすに乗り報道陣からの質問に答える三遊亭円楽さん



 三平は「円楽師匠のご逝去の突然の知らせに、驚きすぎて、悲しみで、言葉が見つかりません。心よりお悔やみ申し上げます」とつづった。



 円楽さんは、1950年2月8日生まれ、東京・墨田区出身。円楽一門会所属。三遊亭楽太郎として『笑点』などで人気を博す。2010年3月1日、6代目三遊亭円楽を襲名した。2018年に肺がん、2019年に脳腫瘍、2020年には肺がんの再発と初期の大腸がんが見つかり、そして脳梗塞と闘った。



 今年1月25日に脳梗塞のため入院した円楽さんは、5月20日に退院していたが、7月放送の『笑点』にVTR出演。今年8月11日は、高座復帰を果たしたが、同27日には、軽度の肺炎のため入院していた。
カテゴリ