『七人の秘書』“不二子”菜々緒はシングルマザー、“三和”大島優子はフードデリバリー配達員に… 今夜再結集

『七人の秘書』“不二子”菜々緒はシングルマザー、“三和”大島優子はフードデリバリー配達員に…  今夜再結集

 俳優・木村文乃が主演を務める映画『七人の秘書 THE MOVIE』の公開(7日)を控え、きょう2日、テレビ朝日系で『七人の秘書スペシャル』(後9:00)が放送される。



【場面写真】赤ちゃんを抱っこする“不二子”菜々緒



 望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(パク・サラン=シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)、鰐淵五月(室井滋)、萬敬太郎(江口洋介)の秘書軍団が、日本社会の悪をぶっ潰していく痛快ストーリー。



 2020年放送の連続ドラマ最終回から2年後、千代は鴨志田製作所の社長秘書、七菜は変わらず東都銀行の秘書、五月は家政婦、そして萬は司法書士で、元ラーメン店「萬」の店主をしている。さらに、元警視庁の秘書・不二子はシングルマザーになり、工場作業員として働いている。元病院長秘書・サランはある目標を実現するため病院の清掃員、元東京都知事秘書・三和はフードデリバリーの宅配員として働いている。散り散りになっていた七人が再結集し、巨大オンライン詐欺集団に立ち向かう。



■『七人の秘書スペシャル』 あらすじ



司法書士としての顔も持つ萬の紹介で、鴨志田製作所の社長・鴨志田寿(伊武雅刀)の秘書を務める千代は、会社の経営状態が悪化していることを知る。



そんな中、鴨志田製作所が自慢の技術力で開発した部品に、業績を伸ばしている企業・日本ヘロンズソリューションの社長・白崎幸司(玉置玲央)が興味を示す。部品を使ってもらえそうだという期待が高まり、社員一同ほっとしたのもつかの間、契約は白紙に。資金繰りに奔走する鴨志田は、参加したオンラインサロンで、高配当が保証される未公開の株情報を得て投資するが、突然証券会社と連絡が取れなくなってしまう。



ショックのあまり倒れた鴨志田が運び込まれた病院で、千代はサランと再会する。サランをはじめ、仲間たちが自分の道を歩んでいることを知る千代は、たまたま鴨志田がだまされたことを知ったサランに、萬やほかの仲間たちには黙っていてほしいと口止めする。



千代は、精神的に追い込まれた鴨志田とともにラーメン萬へ。すると、休業中のはずの店に明かりがついており、七菜、不二子、サラン、三和、五月、そして萬の姿があった。ようやく重い口を開いた鴨志田の話を聞いた七人は、世界的な経営者も参加していたというオンラインサロンが、組織的な詐欺グループの犯罪だと確信する。ほかにも多くの被害者がいるに違いないと考え、悪を成敗するための活動を再び開始することになる。
カテゴリ