竹中直人&清水美砂『シコふんじゃった!』に“30年ぶり”再出演「あっという間だな、人生なんて」

竹中直人&清水美砂『シコふんじゃった!』に“30年ぶり”再出演「あっという間だな、人生なんて」

 俳優の竹中直人(66)、清水美砂(52)が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナルドラマシリーズ『シコふんじゃった!』(26日より2話同時配信)に出演することが3日、都内で行われたはっけよいイベントで発表された。



【動画】竹中直人、若かりし姿に自虐「髪の毛もないけど」



 映画『シコふんじゃった。』(1992年)の周防正行監督が総監督、次世代を担う監督・キャストが挑む新時代の相撲ドラマ。またもや廃部の危機に直面する教立大学相撲部に入部した“崖っぷち”大学生・亮太役を葉山奨之(26)、たった一人の相撲部員にして“相撲一筋でそれ以外は“ポンコツ”の穂香役を伊原六花(23)が演じる。



 1992年公開の前作で相撲部の部員・青木を竹中、マネージャー・夏子を清水が演じていた。今作では“OB役”として30年ぶりの再出演が実現し、竹中が「30年も経っちゃったんだ。あっという間だな、人生なんて」としみじみ語り、清水も「しばらく海外に行ってまして、久々に帰ってきました。あまり仕事してなかったにもかかわらず、いきなり『シコふんじゃった!』のお話をいただきました。30年前の役を演じるなんて思ってなかったので、緊張しながら楽しく演じました」とほほ笑んだ。



 主演の葉山が、竹中との共演について「とにかく緊張しました。やっている最中に『映画の人だ!』という不思議な感覚になって楽しかった」と振り返ると、竹中は「この映画が公開された時は、まだ生まれてないんだよね。それがすごいなって」と笑っていた。

カテゴリ