【RIZIN】11・6名古屋大会に久保優太が参戦 昨年大みそかのシバター戦以来「僕の時計は止まったまま」

【RIZIN】11・6名古屋大会に久保優太が参戦 昨年大みそかのシバター戦以来「僕の時計は止まったまま」

 11月6日に行われる『RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』(ドルフィンズアリーナ)の追加対戦カードとして、奥田啓介(31)VS久保優太(34)が決定した。久保は昨年大みそかに行われ大きな騒動となったシバター戦以来、11ヶ月ぶりにRIZINに復帰する。



【写真】追加発表された3試合



 この一戦は、試合前に土下座して「手加減してください」と懇願していたシバターが、見事なカウンターパンチをヒットさせ、するどい動きで腕ひしぎ十字固めを決めると、久保のセコンドが試合をストップさせ、シバターが2年連続で勝利を飾った。



 しかし試合後、両者が試合の展開について事前にやり取りしたと見られるLINE画像がTwitterに流出し、“八百長疑惑”が騒ぎになる。久保は、スポンサーやファンのために試合を成立させることを優先し、「強迫観念にかられた」結果、シバターからの八百長の提案を受けたことをYouTubeで告白。「神聖なリングを汚してしまった」と謝罪した。



 久保は「あの日以来、僕の時計は止まったままです。でもその時計は誰かが動かしてくれるわけじゃなく、自分の力で動かすしかありません。格闘家として、男として、もう一度輝けるよう全身全霊で戦います」とコメントを寄せた。試合は66キロ契約でMMAルールで行われる。



 対する奥田は、幼少期からプロレスラーを目指し、高校生でIGFのリングでデビュー。大学進学後はレスリングに専念し、全日本学生レスリング選手権で銀メダルや、世界大学選手権で9位の実績を残す。卒業後は一般企業に就職するもプロレスラーに転身し、格闘技のリングにも挑戦。RIZINでは2試合を戦っている。



 また、オープニングファイトとしてキックボクシングルールで佐藤執斗(24)対KAZUNARI(36)の試合も決定した。



●『RIZIN LANDMARK 4 in NAGOYA』対戦カード

弥益ドミネーター聡志 vs. 平本蓮

元谷友貴 vs. 倉本一真

今成正和 vs. 摩嶋一整

カルリ・ギブレイン vs. 貴賢神

SARAMI vs. ラーラ・フォントーラ

ミノワマンZ vs. 侍マーク・ハント

青井人 vs. 鈴木博昭

中村優作 vs. 征矢貴

魚井フルスイング vs. ヤン・ジヨン

アラン“ヒロ”ヤマニハ vs. 河村泰博

奥田啓介 vs. 久保優太

【OPファイト】日比野“エビ中”純也 vs. 吉田陸

【OPファイト】久保健太 vs. 秀義

【OPファイト】佐藤執斗 vs. KAZUNORI
カテゴリ