映画『ブラッククローバー』来年3・31に劇場公開&Netflix配信 魔法帝の物語で新キャラ役を関俊彦 【映像公開】

映画『ブラッククローバー』来年3・31に劇場公開&Netflix配信 魔法帝の物語で新キャラ役を関俊彦 【映像公開】

 アニメ映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』が、2023年3月31日より全国の劇場で公開、Netflixで全世界配信されることが決定した。あわせて原作者・田畠裕基氏による描き下ろしティザービジュアルとコメント、新キャラ&キャスト情報、特報映像も公開された。



【動画】新キャラ登場!迫力がすごい…公開された映画『ブラッククローバー』新映像



 映画の物語は、原作では描かれていないオリジナルストーリーで、総監修そして、キャラクター原案を原作者の田畠氏が担当し、原作では明かされなかった魔法帝の物語を描く。



 今回解禁された特報は、これまでのテレビシリーズの物語を振り返るところからスタート。原作では明かされなかった魔法帝の物語が完全映画化されることが語られ、田畠氏自らがデザインした先代魔法帝のコンラートが登場。「今日俺は…この国を変える」と意味深な発言をし、最後にアスタが「諦めないのがオレの魔法だ!!!」と闘志を燃やす姿が、印象的な映像になっている。



 また、映画オリジナルキャラクターで、ユリウスの先代の魔法帝となるクローバー王国民に敬愛されていたコンラート役を関俊彦(「鬼滅の刃」鬼舞辻無惨、「忍たま乱太郎」土井半助ほか)が担当する。



 ティザービジュアルには「諦めないのがオレの魔法だ」という力強いメッセージとともに、決して諦めない強い眼差しでアスタが剣を握っている姿が。田畠氏は「『原作でやらないんだコレ』という物語ですが、アスタ達と強敵たちの大規模でド派手なバトルを楽しめる映画になると思います!来年3月をお楽しみに!!!僕も楽しみです!!!」とコメントを寄せた。



 同作は、週刊少年ジャンプで2015年2月より連載中の同名漫画が原作で、魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す、冒険と成長を描いた魔法ファンタジー。



■スタッフ情報

原作・総監修・キャラクター原案:田畠裕基

監督:種村綾隆

キャラクターデザイン:竹田逸子

音楽:関美奈子

脚本:ジョニー音田 折井 愛

制作:studioぴえろ

製作:映画ブラッククローバー製作委員会

配給:松竹ODS事業室



■キャスト情報

アスタ:梶原岳人

ユノ:島崎信長

ヤミ:諏訪部順一

ノエル:優木かな

コンラート:関俊彦

カテゴリ